top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「パリで勝ちたい」ワールドトライアスロンパラシリーズで見た代表有力選手の現在地

パラサポWEB

フィニッシュラインで充実感を噛み締めた。11日に横浜・山下公園周辺特設会場で開催された「ワールドトライアスロンパラシリーズ(2024/横浜)」で日本選手唯一、表彰台に上がったのは秦由加子だった。

女子のエース秦は、表彰台でほほ笑んだ

見据えるのは表彰台

女子PTS2クラスの秦は1時間19分05で3位だった。得意のスイムで2位の位置から、強化してきたバイクで粘り、ランでも好位置を維持。昨年の5位から3位に順位を上げ、「表彰台を狙っていた。久しぶりに横浜の表彰台に上がれて本当にうれしい」と笑顔を浮かべた。

拠点の沖縄でバイクを強化してきた。後続との差を縮められることなく、最後のランにつなげてペースを落とさず走ったことが結果につながった。

バイクの強化が実を結んだ

いい準備ができていたからだろう。スタート前、観客の声援に笑顔で応える余裕もあった。

「すごく楽しくて。前日から今日がすごく楽しみだった。こんなに楽しみで迎えられるレースは今までなかなかなく、今日はレース中も笑うくらい楽しかった」

広告の後にも続きます

東京大会後に右脚を手術し、昨シーズンからレースに本格復帰。悔しさを胸に秘め、とにかく前を向くだけだった1年前とは一転、手ごたえと意欲がみなぎっていた。

フィニッシュエリアではガッツポーズをした秦

「(トライアスロンを始めた)2013年から、ずっと痛みがあった。今は、ランに関しても全く痛みがなく、手術してよかったと思います」

1年前は「手術をやってよかったかどうかは、自分次第」と話していたが、この日は「手術してよかった」と言い切った。

痛みがなくなったことで、ラン用義足につきものの“調整の悩み”が「ひとつクリアになった」。走りについても、伸びしろがあり、同じ大腿義足の陸上競技の選手を手本に力強い走りを学んでいるところだという。

そんな秦は、リオと東京に続く3大会目のパリで悲願のメダルを目指している。

「客席から見る(表彰台の)景色は涙が出るくらい悔しい。パリでは勝って表彰台に上がりたい」

メダルセレモニーでは子どもたちにブーケを手渡された
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル