top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「聡明すぎる」愛子さま 初ご公務での“ハイレベルなご質問”に絶賛の嵐…学生時代には教授も驚嘆の熱心ぶり

女性自身

「聡明すぎる」愛子さま 初ご公務での“ハイレベルなご質問”に絶賛の嵐…学生時代には教授も驚嘆の熱心ぶり(C)女性自身

愛子さまは5月11日、東京都千代田区の国立公文書館を訪問し、特別展「夢みる光源氏ー公文書館で平安文学ナナメ読み!ー」を見学された。

 

午後6時すぎに国立公文書館にご到着。初となる単独ご公務は優しいデザインのオフホワイトのセットアップで臨まれた。館長らが出迎えると、愛子さまはマスク越しでもわかるような笑顔でご挨拶。

 

本展では「夢」をテーマに平安文学の『源氏物語』やその注釈書、『枕草子』などの貴重な資料が展示され、愛子さまは眼鏡をかけて熱心に鑑賞されたという。さらに注目を集めたのは、愛子さまの“ハイレベルなご質問”だった。

広告の後にも続きます

 

江戸時代に書かれた源氏物語の注釈書「窺原抄」について説明を受け、「江戸時代は源氏物語の写本が充実していますね」と述べられた愛子さま。

 

さらに「(先行研究の)『湖月抄』でしたっけ? 『源氏物語』の写本として有名なものもありますけれども、それとの関係性というのは?」と、専門的な質問をされる場面もあった。

 

愛子さまの説明役を務めた調査員は、メディアの取材に「大変勉強している方でないと、そういった質問にはならないと思いましたので、私の方がちょっとドキリとさせられることもありました」と感銘を受けていた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル