top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

Jリーグの日に一斉開催! 鹿島は“オリ10対決”白星…ユンカーはハットトリック/J1第14節

SOCCER KING

Jリーグの日に一斉開催! 鹿島は“オリ10対決”白星…ユンカーはハットトリック/J1第14節(C)SOCCER KING

 2024明治安田J1リーグ第14節の10試合が15日に各地で行われた。

 1993年5月15日は日本初のプロサッカーリーグが開幕した記念日。その原点の日を記憶する意味も込めて、5月15日は“Jリーグの日”として、一般社団法人日本記念日協会より認定登録も受けている。31周年目を迎える“Jリーグの日”には、今季のJ1リーグに身を置く全チームの試合が一斉に開催された。

 創設初年度からJリーグに参戦している東京ヴェルディとガンバ大阪の“オリジナル10”対決は、東京Vがより多くのシュートを放ちながら、GK一森純が守るゴールをこじ開けられず、スコアレスドローでタイムアップ。同じく“オリジナル10”対決となったサンフレッチェ広島と鹿島アントラーズの一戦は、開始早々の5分に右コーナーキックから植田直通がヘッドを決め、鹿島が先手を取ると、続く15分にはPKで鈴木優磨が追加点。後半に入るとマルコス・ジュニオールに1点を返されるも、84分に佐野海舟の見事なボール奪取から、最後は途中出場のチャヴリッチが仕上げ、3-1で勝利した。

 現在首位に立つヴィッセル神戸は、ホームで暫定9位のアビスパ福岡を迎えた。試合は72分、大迫勇也が放ったロングパスから、背後へ飛び出した宮代大聖がボレーシュートを沈める。宮代の3試合連続ゴールが決勝弾となり、神戸が4連勝を飾った。

 神戸と勝ち点で並ぶ2位のFC町田ゼルビアは、ホームで暫定7位のセレッソ大阪と対戦。試合はスコアレスで折り返した70分、右サイドを抜け出したナ・サンホのクロスボールから、オ・セフンがボレーシュートを叩き込み、町田が先手を取る。1点を追いかけるC大阪は84分、レオ・セアラが自ら得たPKを決めて同点に追いつく。このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイム、林幸多郎が左サイドから右足でクロスボールを送ると、中央でミッチェル・デュークがヘディングを沈める。劇的得点で町田が2試合ぶりに勝利した。

広告の後にも続きます

 直近5試合負けなしの川崎フロンターレは、徐々に調子を取り戻しつつあったが、敵地でサガン鳥栖に2-5と大敗。鳥栖は横山歩夢の2得点を皮切りに、マルセロ・ヒアン、原田亘、河田篤秀が次々とゴールネットを揺らし、今季初の2連勝を飾った。名古屋グランパスは、ケガ明けのキャスパー・ユンカーがハットトリックと大暴れし、4位のFC東京を3-1で破った。

 北海道コンサドーレ札幌は、浅野雄也の得点でジュビロ磐田を1-0で下し、ホームで7試合ぶり今季2度目の白星を掴んだ。4試合未勝利が続いていた柏レイソルは、後半アディショナルタイムに細谷真大が勝ち越しゴールを決め、2-1で湘南ベルマーレを撃破。浦和レッズは3-0で京都サンガF.C.を破り、約1年2カ月ぶりのリーグ戦3連勝を飾った。

 2023-24シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で決勝まで勝ち進んだ関係で、2試合消化が少ない横浜F・マリノスは、敵地で現在16位のアルビレックス新潟と激突。試合は25分、敵陣右で前を向いたヤン・マテウスが浮き球パスを送ると、2列目から飛び出した渡辺皓太がダイレクトでボレーシュートを沈め、横浜FMが先手を取る。だが、後半に入ると新潟が反撃開始。51分に相手のミスを逃さず、鈴木孝司が同点ゴールを挙げると、直後の53分には左から抜け出した谷口海斗が左足で仕留める。終盤の82分には、この日がリーグ戦初先発だった奥村仁がトドメを刺し、3-1と逆転勝利。新潟は5試合ぶりの白星を飾った。

 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。

◆■J1第14節

▼5月15日(水)
北海道コンサドーレ札幌 1-0 ジュビロ磐田
柏レイソル 2-1 湘南ベルマーレ
東京ヴェルディ 0-0 ガンバ大阪
FC町田ゼルビア 2-1 セレッソ大阪
アルビレックス新潟 3-1 横浜F・マリノス
名古屋グランパス 3-1 FC東京
ヴィッセル神戸 1-0 アビスパ福岡
サンフレッチェ広島 1-3 鹿島アントラーズ
サガン鳥栖 5-2 川崎フロンターレ
浦和レッズ 3-0 京都サンガF.C.

◆■順位表

※()内は勝ち点/得失点差

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル