top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

坂上忍に「失礼なヤツ」と名指しされた野々村真、本誌に語っていた「坂上」姓との奇妙な縁

SmartFLASH

野々村真の過去の振る舞いを“暴露”した坂上忍

 

「俺らはロケバスで5時間待ったんだから」「こんな失礼なヤツ、世の中にいないんだから」

 

 5月11日、女優・伊藤かずえのYouTubeチャンネルに出演した坂上忍が、憤懣やる方ない口調で語った「ヤツ」とは、いまでこそ「親友」としてつき合っているというタレント・野々村真のことである。

広告の後にも続きます

 

「坂上さんは、伊藤さんが主演を務めたドラマ『ポニーテールはふり向かない』(1985年・TBS系)に出演。このドラマには野々村さんも出演していました。

 

 

 当時、野々村さんは『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)の『いいとも青年隊』のメンバーとして活躍しており、売れっ子でした。そのことが理由ではないようですが、ドラマ撮影に5時間、遅刻したのです。そのため、坂上さんによると『現場でいじめられていた』そうです。スタッフに総スカンされ、共演の松村雄基さんには、四の字固めまでかけられたといいます。しかし坂上さんは、撮影所のトイレで震えながらセリフの練習をしていた野々村さんを見かけ『こんな緊張していたんだ』と、思いを新たにしたそうです」(芸能ライター)

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル