top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

東京を拠点に活動する写真家・cho ongoによる展示 <agnosia>がLAID BUGにて来週末より開催|“ほくろ”にフォーカス、認知と非認知の境界を探る

Qetic

5月24日より、代官山・LAID BUGにて、Cho Ongoによるソロエキシビジョン<agnosia>が開催される。

被写体との対話を収めた音声メディアやZINEも発表

東京を拠点に活動する写真家のCho Ongo。独学で写真を学び、大学時代にスケートボードに出会ったchoは、Diaspora Skateboardsに所属し、写真家としてのキャリアをスタートした。他人という対象をより深く知るための手段として始めたポートレート写真に意欲的に取り組み、現在はファッションやアーティスト撮影など、幅広い分野で活躍している。

ソロエキシビジョン<agnosia>で、Choは“ほくろ”にフォーカスし、クロースアップで撮影した作品群を発表する。2023年から約1年かけて、20人以上の被写体に対峙し撮影された小さな“点”は、所有者の存在をほのかに漂わせるものもあれば、所有者から切り離され、“ほくろ”としての認識すら危うい作品もあるという。さまざまに映し出された“ほくろ”は、どの段階まで対象を認識できるのか。写真表現をとおして認知と非認知の境界を探ろうとする、Choの実験的な姿勢に触れることができる。

“agnosia(失認)”と名付けられた本展では、印画紙だけでなくトレーシングペーパーなど様々なメディアに出力した作品で空間を構築します。展示に合わせて、Choと被写体との対話を収めた音声メディアや、写真と対話文で構成されたZINEも発表される。これまでスケートや音楽といったカルチャーを通じて語られることの多かったCho Ongoの初となるコンセプトワーク、ぜひご覧いただきたい。

EVENT INFORMATION

“agnosia” by Cho Ongo

会場:LAID BUG/東京都渋谷区代官山町2-3 BF 日程:2024年5月24日(金) – 6月8日(土) オープン時間:13:00-20:00 定休日:日曜日 、月曜日 LAID BUGCho Ongo

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル