top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

市川猿之助 心中騒動の“悲劇の実家”で今も生活…事件から1年目前に目撃した「現在の姿」

女性自身

市川猿之助 心中騒動の“悲劇の実家”で今も生活…事件から1年目前に目撃した「現在の姿」(C)女性自身

キャップをかぶり、マスクとサングラスを着用して電動自転車に乗っていたのは、四代目市川猿之助(48)だった。自転車の前のカゴには、柴系らしき犬がチョコンと座っていた。

 

本誌が東京都内で猿之助を目撃したのは5月上旬のこと。昨年5月18日に彼が引き起こした“一家心中事件”から1年がたとうとしている。

 

「猿之助さんが父・市川段四郎さん(享年76)と母・延子さん(享年75)と一家心中を図った事件は、歌舞伎界のみならず日本中に大きな衝撃を与えました。猿之助さん自身は命を取り留めたものの、自殺ほう助の罪で逮捕され、昨年11月に懲役3年・執行猶予5年の判決が確定しています」(芸能関係者)

広告の後にも続きます

 

名門・澤瀉屋の看板役者だった猿之助の逮捕によって、歌舞伎界は大混乱し、彼が出演予定だった複数の舞台が公演中止に追い込まれた。

 

事件後の昨年9月には、市川猿翁さんも83歳で逝去。重鎮を立て続けに失った澤瀉屋だが、2月からは「スーパー歌舞伎」の代表作の1つである『ヤマトタケル』を公演中だ。

 

「弱冠二十歳の市川團子さんが主演を務めており、5月6日から19日まで名古屋・御園座で公演しています」(前出・芸能関係者)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル