top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「人間を救うのは、人間だ。」愛子さま 日赤で編集される情報誌の「ふさわしい内容」

女性自身

「人間を救うのは、人間だ。」愛子さま 日赤で編集される情報誌の「ふさわしい内容」(C)女性自身

「愛子さまの初めての単独ご公務に関しては侍従職を中心にして、内容や時期など、かなり前から慎重に検討されてきました。満を持してのお出ましとなったわけですが、宮内庁内でも『まさに愛子さまにふさわしい初ご公務になった』という評価が多いようです」

 

そう語るのは宮内庁関係者。

 

5月11日夕方、愛子さまは東京都千代田区の国立公文書館を訪問され、特別展「夢みる光源氏─公文書館で平安文学ナナメ読み!─」を視察された。

広告の後にも続きます

 

「同展では『夢』をテーマに、『源氏物語』だけでなくその注釈書や、『古今和歌集』や『枕草子』などの古典文学にまつわる資料などが展示されていました。どれも愛子さまが学習院大学で学ばれてきた文学作品ばかりです」(前出・宮内庁関係者)

 

国立公文書館は、歴史的に資料価値が高い重要な公文書などの適切な保存や利用を図ることを目的として設置された施設。膨大な資料を所蔵しているが、認知度は決して高くはない。

 

「皇室の方々のご公務は基本的に、オファーを受ける形になっています。今回のご視察も国立公文書館からの申し出があり実現しました。愛子さまのお出ましにより、古典文学だけではなく、国立公文書館自体の存在を広く国民に知ってもらいたいという意図もあったのでしょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル