top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

中森明菜 チケットは7万円超え!6年半ぶりディナーショーで「期待されるぶっちゃけトーク」

女性自身

中森明菜 チケットは7万円超え!6年半ぶりディナーショーで「期待されるぶっちゃけトーク」(C)女性自身

「中森明菜さん(58)のファンクラブサイトで、ディナーショーの開催が発表されました。明菜さんはファンとの約6年半ぶりの“対面”を待ち望んでいるといいます。現在、熱心に準備を進めているそうです」(芸能関係者)

 

ファンイベントは7月12日から7月14日にかけて、5公演が予定されており、明菜の誕生日である7月13日も含まれている。

 

料金は誕生日とリンクさせたのか、税別7万1千300円と、強気の価格設定だが、“生誕祭”への応募が殺到しているという。

広告の後にも続きます

 

そんな明菜の代表曲『TATTOO』の作曲家・関根安里氏が5月7日、自身のYouTubeで、明菜の元担当ディレクター・藤倉克己氏と対談。藤倉氏が、’88年のアルバム『Femme Fatale』の制作秘話を披露した。

 

藤倉氏はアルバム制作のための楽曲集めの際に「すごいのが集まってきたんですよ。マイケル・ジャクソンの曲とか」と、世界的スターから提供を受けていたと告白。「明菜ちゃんが歌うのを想定して、10曲ぐらい選んだのかな」と語っていたが、マイケルの曲はアルバムに収録されていなかった。

 

「キング・オブ・ポップの曲をボツにできるのなんて、明菜さん以外に考えられません。 “自分には合わない”と、泣く泣く不採用の判断を下したのでしょう。明菜さん自身はマイケルのライブをたびたび訪れるほどのファンでしたから」(音楽関係者)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル