top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ロシアンブルーの鳴き声がうるさい、よく鳴く理由とは?

そもそもロシアンブルーの性格とは?おしゃべり好き?

ロシアンブルーは頭がよく、愛情深い性格といわれています。
その裏返しとして、飼い主以外には警戒心が強く、環境の変化にストレスを感じるといった、感受性が強い面もうかがえます。

「サイレントキャット」という言葉を御存知ですか?
ロシアンブルーはこのあまり鳴かない、うるさくないネコの代名詞である「サイレントキャット」といわれることが多い猫種の代表格です。

ロシアンスマイルといわれる、口角の上がった常に微笑んでいるような顔立ちからは、大声よりも、意外にも小さな“ミャウ”という声や“無言の笑み”と思われるような「声になっていない声」を発することが多いです。

おしゃべり好きという話はめったに聞かないロシアンブルー。
高貴なイメージに加え、飼い主に対し献身的に愛情を見せる性格を理由に、日本ではとても人気の猫種です。

日本のように住宅環境が密な私たちにとっては、一般的に物静かで頭の良いロシアンブルーは、ご近所迷惑も考えなくてすむ。飼いやすい猫種といえます。

ロシアンブルーの鳴き声はうるさい?小さい?

広告の後にも続きます

「サイレントボイス」「サイレントミャウ」という言葉が、ロシアンブルーの声質を表すときによく使われます。

声にならない声、口だけを開けて鳴いているふりをしているように見える行為のことです。人間には聞こえないけれど、ネコ同士には聞き取れる周波数で話しているといわれています。

ロシアンブルーは基本的にはあまり鳴かない、他の猫種に比べて鳴き声が小さいといわれる寡黙な種族なのです。

しかし「ロシアンブルーはよく鳴く、声が大きい」とのうわさは、根強く残っています。
なぜ、「ロシアンブルーがうるさい」という、うわさが立ってしまったのでしょう。

実は、ロシアンブルーはシャムネコを交雑して、品種改良が進んだ猫種である、ということがあります。

ロシアンブルーは、ロシアのアルハンゲル島が原産の種族ですが、19世紀中ごろにイギリスに渡って以来品評会に出されるような有名な猫種になりました。
しかし第二次世界大戦の影響などで、一時絶滅の危機に陥ります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル