top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「『VIVANT』よりおもしろい」長谷川博己『アンチヒーロー』撮影現場は「冗談も言えない」ピリピリ空気

SmartFLASH

緊張感漂うロケ現場。「礼儀正しいけど、ちょっと怖い」(スタッフ)と評判の長谷川(写真・久保貴弘)

 

 5月上旬の朝、鋭い目をしたヒゲ面の男の前で、頭を垂れる若い女性――。緊迫した空気が立ち込めるのは、長谷川博己が主演を務める日曜劇場『アンチヒーロー』(TBS系)のロケ現場だ。

 

「本当の殺人犯すら無罪にする、ダークな弁護士が主人公のドラマです。早くも、ブームとなった『VIVANT』よりおもしろい、という声が上がるほど。実際、第2話の平均視聴率は12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、『VIVANT』を超えました。“堺雅人超え”の快挙です」(芸能記者)

広告の後にも続きます

 

 ストーリー上、長谷川がカメラの前で暗いのは当たり前。ところが、カメラが止まってもピリピリした空気は変わらぬようで……。

 

 

「撮影直前まで楽屋に籠りっきり。納得できないと、何度も撮影を止めて演出家と話し込んでいます。共演者のひとりは『冗談も言えない雰囲気だね』とボヤいていました。長谷川さんは、演技の理想が高く、完璧主義者ですからね。それほど本気で、撮影に挑んでいるというわけです」(ドラマ関係者)

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル