幻想的な空間や恋のパワースポットなど冬ならではのイベントが!冬だからこそ行きたい水族館5選

幻想的な空間や恋のパワースポットなど冬ならではのイベントが!冬だからこそ行きたい水族館5選
水族館というと夏のレジャー施設と考えがちだが、各水族館では冬ならではのイベントが開催されている。...

水族館というと夏のレジャー施設と考えがちだが、各水族館では冬ならではのイベントが開催されている。そこで冬だからこそ行ってみたい水族館を5つ選出してみた。※本記事は「hayally」とタイアップしています)

■選1 すみだ水族館で新展示 「雪とクラゲ」


すみだ水族館は、2019年2月1日(金)から2019年3月14日(木)の期間、新展示「雪とクラゲ」を万華鏡トンネルにて開催している。新展示「雪とクラゲ」は、壁と天井が約5000枚の鏡で囲まれた万華鏡トンネル内で、クラゲの水槽や壁面、床に、都会の夜景や冬らしい雪景色の映像を投影し、水槽の中のクラゲがふわふわと都会の雪景色を漂うような儚く幻想的な光景を楽しめるというもの。

また、人の動きに合わせて映像が変化するインタラクティブな演出を取り入れ、降り積もった雪の上を実際に歩いたかのような足跡がついたり、映し出された水の上を歩くと足跡が波紋になって広がったりと、見るだけでなく体感して「雪とクラゲ」の世界観が楽しめる。
 
さらに、展示空間にはしなやかで柔らかい雪をイメージしたオリジナルアロマが香り、クラゲの拍動のゆったりとしたリズムをベースにした音楽が流れる。


また、期間中の金曜日の夜には、ボトルに入ったクラゲをじっくりと観察してゴハンをあげる体験プログラム「ふわふわクラゲ」を開催するほか、万華鏡トンネルと同じアロマが香るオリジナルコースターを作成する体験プログラム「ゆらゆらクラゲコースター」も行われる。


★すみだ水族館
「雪とクラゲ」展示期間:2019年2月1日(金)~ 3月14日(木)
所在地:東京都墨田区押上一丁目1番2号東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
営業時間:9時~21時
料金:一般料金 大人2,050円 高校生1,500円 中・小学生1,000円 幼児(3歳以上)600円
※年間パスポート、団体料金もあり
公式HP:https://www.sumida-aquarium.com/
 

■選2 京都水族館で「冬の夜のすいぞくかん」 


京都水族館は、2019年2月1日(金)~2月14日(木)の期間、午後8時まで営業時間を延長し、夜限定の演出で幻想的な水族館をお楽しみいただけるイベント「冬の夜のすいぞくかん」を開催する。

イベントは、2月14日のバレンタインデーとそれまでの期間の約2週間にわたって実施される。午後5時以降に館内のさまざまなエリアを、夜限定の照明で演出するなど、夜間営業ならではの空間が楽しめるというもの。


暗くなった館内をランタンを手に探検気分でゆっくりと巡ることができ、夜行性のオオサンショウウオが活発に動く姿など、日中には見せることのないいきものの生態も観察することができる。

イルカスタジアムではイルカプールのメインステージの後ろ側に潜入し、ハンドウイルカを間近で観察できる特別プログラムも開催するほか、バレンタインの季節に合わせ、いきものが恋の季節に見せるユニークな行動や特徴などを、館内各所に設置した黒板で紹介・解説される。

★京都水族館
 「冬の夜のすいぞくかん」開催期間:2019年2月1日(金)~2月14日(木)

所在地:京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
営業時間:10時~18時
料金:一般料金 大人2,050円 高校生1,550円 中・小学生1,000円 幼児(3歳以上)600円
公式HP:https://www.kyoto-aquarium.com/
 

■選3 サンシャイン水族館の冬限定のイベント「ゾクゾク深海生物2019」


サンシャイン水族館では水深数百mの深海に棲む生き物を観て触れられる冬限定のイベント「ゾクゾク深海生物2019」を1月12日(土)~3月10日(日)の期間、開催する。

深海生物は生息水温が10℃程のため、海水の表面水温が下がる冬にしか採集できず、また水圧の違いから飼育展示が難しいものや長期飼育が困難な生き物も多いため、限られた環境や時期のみでしか見ることができない珍しい生物も多い。サンシャイン水族館では毎年冬にその深海生物の採集を行い、館内入口特設水槽や館内1階「冷たい海」水槽に展示される。


展示予定生物はメンダコ、ダイオウグソクムシ、ヒメカンテンナマコ、ヌタウナギの仲間、テヅルモヅルの仲間など。展示標本はラブカの剥製、カグラザメのアゴ、アイザメの頭骨などになる。

なお深海生物を観察するだけでなく、この期間しか体験できない、深海生物にタッチできる「ゾクゾクタッチ」と、粘液で全身を保護するぬるぬるぬめぬめした『ヌタウナギ』にタッチできる「ヌタッチ」も開催される。

★サンシャイン水族館
 「ゾクゾク深海生物2019」開催期間:1月12日(土)~3月10日(日)

所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:10時~18時(~3月20日)
料金:一般料金 大人2,200円(高校生以上)こども(小・中学生)1,200円 幼児(4才以上)700円
※「ゾクゾクタッチ」「ヌタッチ」は有料(300円)
公式HP:http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/
 

■選4  伊勢シーパラダイスで【恋のパワースポットでおまじない】


恋のパワースポットして注目され来場数が激増中の、夫婦円満・良縁のシンボル「夫婦岩」がある伊勢・二見の水族館「伊勢シーパラダイス」では2月14日(木)のバレンタインデーに向けて恋の応援イベントが開催中。

1日3回のふれあいイベント「セイウチお散歩タイム」のうち、13時15分~のお昼の回にて実施される「セイウチの闘魂注入で、恋のおまじない」は、恋のおまじないを希望した人から1名を選びセイウチの恋のおまじないを受けることができるというもの。


他にも目がハートにみえる鯉や、夫婦円満で子宝に恵まれたツメナシカワウソのズリ、10頭もの子供のお父さんで、 その全てが健康に恵まれたトドの小鉄なども。

★伊勢夫婦岩ふれあい水族館(伊勢シーパラダイス)
 【恋のパワースポットでおまじない】開催期間:2019年 1月15日(火)~3月14日(木)

所在地:三重県伊勢市二見町江580
営業時間:9時~17時(季節変動有り)
※11月~2月末までは営業時間が短縮されます。 詳細はHPをご覧下さい
料金:一般料金 大人1,600円 小中学生800円 幼児(3才以上)400円 シニア(65才以上):1,400円
公式HP:https://ise-seaparadise.com/ 
 

■選5 横浜・八景島シーパラダイス水族館「ふれあいラグーン」「シロイルカの豆まき」


『横浜・八景島シーパラダイス』にある水族館「ふれあいラグーン」では、2月3日(日)の節分にちなみ、 2019年1月26日(土)~2月11日(月・祝)の期間、節分イベント「シロイルカの豆まき」が開催される。シロイルカが目の前にやってくる「フレンドリータイム」内で、シロイルカが升につけた特製の棒をくわえ、観覧者に向かって「福は内!」のかけ声で豆まきを行うというもの。シロイルカは他のイルカよりも、頭を前後に動かすことができるという、特性を活かした水族館ならではの豆まき。平日は14時45分から、土日は11時からと14時45分からのふれあいラグーン内「ホエールオーシャン」にて行われる。

★横浜・八景島シーパラダイス水族館「ふれあいラグーン」
 「シロイルカの豆まき」開催期間:2019年1月26日(土)~2月11日(月・祝)

所在地:神奈川県横浜市金沢区八景島 横浜・八景島シーパラダイス
営業時間:平日9時~21時30分 土日9時~22時30分
料金:ワンデーパス当日券 大人・高校生4,550円 小・中学生3,300円 幼児(4才以上)1,850円 シニア(65才以上)3,300円 ※Web前売や食事セット券付きなどもあります。
公式HP:http://www.seaparadise.co.jp/index.html
 

SPICE「イベント」編集部オススメの水族館。冬ならではの水族館の思い出作りにいかがだろうか。

更新日:2019年1月28日
提供元:SPICE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME