top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

DeNA筒香選手が私費2億円をかけて子供のための野球場を建設

パラサポWEB

プロ野球や大リーグなど、日常的に野球のニュースを見聞きする昨今。競技人口の減少という課題はあれど、2024年の今も野球は高い人気を集めている。そんな中、筒香嘉智選手(今年の4月に大リーグから古巣の横浜DeNAベイスターズに復帰)が私費を投じて総合スポーツ施設「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」を設立。筒香選手がこだわった天然芝を使った球場など、充実した施設では子どもたちがさまざまなスポーツに触れる機会を提供している。その狙いと思いを、施設を運営する公益財団法人筒香青少年育成スポーツ財団の理事長で、筒香選手の兄である、筒香裕史氏に伺った。

私費2億円をかけて野球場を作った思い

「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」で練習をする子どもたち

2023年12月、筒香嘉智氏(以下、嘉智氏)が私費約2億円を投じて建設した総合スポーツ施設「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」が完成した。筒香氏の故郷である和歌山県・橋本市に誕生したこの施設は、少年野球チームのほかに体操教室も展開。将来のスポーツ選手の育成や、地域活性化に貢献するために作られたのだが、天然芝を使った両翼100mのメイン球場や両翼45mの内野フィールド、室内練習場と、子ども向けとは思えない豪華な施設が目を引く。現役の選手である嘉智氏が、なぜこのような施設を作ることになったのだろうか。

「その理由は、弟が以前から問題提起していた、日本の野球指導の現状です。罵声を浴びせるような指導がいまだに行われているし、小さい頃からの過度な練習により、故障してしまう子どもがいるということ。僕も子どもの頃は野球をやっていましたし、以前は中学校の教師をしていたので、弟が問題提起していることを、どうやったら解決できるのか? どういう場所で育てたらいいのか? といったハード面とソフト面の両方について考えました。その結果、弟と相談してアカデミーを作ることになりました」(筒香裕史氏、以下:裕史氏)

こうして、兄弟で始めた未来を担う子どもたちの育成事業だが、参考にしたのはドミニカ共和国だった。

一番に身につけさせたいのは「生きる力」

裕史氏がドミニカ共和国で見た、野球をする子どもたち

ドミニカ共和国は開発途上国であり、子どもたちは決して恵まれた環境にいるとは言えないが、世界で最も多くのプロ野球選手を輩出している国と言われている。

広告の後にも続きます

「なぜ、この国には野球がうまい選手がこんなにたくさんいるんだろうと不思議に思って、教師を辞めてドミニカ共和国に3ヶ月間滞在したんです。特に多くの野球選手を輩出しているという村で目にしたのは、子どもたちが日常の中でさまざまなセンサーを働かせているということでした。たとえば、整備されずに石や割れたガラスの破片が落ちているような道を裸足で歩いているんですが、たぶん彼らは瞬時に危険を察知したり、危ないものを踏んでも体重をかけずに歩いたりといったことが自然にできているようなんです」

その他にも、この国の決して恵まれているとはいえない環境が子どもたちの感性を育てているのではないかと裕史氏は分析する。

「日々の暮らしのためにお金を稼がなくてはいけない子どもたちは、雨が降りそうだと感じたらぱっと傘を持っていって売るとか、お昼になったらお弁当を売りにいくといったことを自然にしていました。今、何が必要かを誰かに指示されなくてもいろいろ考えて実行しているんです。ぼーっと指示を待っている暇なんてないんですよ」

ドミニカ共和国の子どもたちは、日常生活の中で生きる力を磨いている。その力が土台にあるからこそ、野球も強くなるのではないか。そう考えた裕史氏は、アカデミーの一番の土台を「生きる力」を身につけることとした。

TSUTSUGO SPORTS ACADEMY、野球チーム「ATTA BOYS(アラボーイズ)」の理念より

「ハングリー精神や、いろいろなことを自分で考えて行動する力、つまり生きる力が日常の中で育まれているドミニカ共和国の子どもたちと、恵まれた環境で育っている日本の子どもたちが野球をしたら、勝てないんじゃないかと思いました。まずは小さいうちから自分でいろんなことに気づけるようにして、その上での野球の練習だなということだと考えたんです」

こうした気づきと、世界に通用するプレイヤーを育てたいという思いは、アカデミーのさまざまなところに生かされている。

プロの球場でも珍しいこだわりの天然芝

上空から見た「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」。左奥が内野フィールド、右がメイン球場。どちらも天然芝が使われている
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル