top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

デッドヒートの末の記録更新。水泳・日向楓と田中映伍のRoad to Paris

パラサポWEB

木村敬一富田宇宙のワンツーフィニッシュで沸いた東京パラリンピックから3年が経とうとしている。「ライバル争いの活発化が国内における切磋琢磨を生み、世界につながる」。2022年のジャパンパラで日本代表の上垣匠ヘッドコーチはこうコメントしていたが、まさにそれを体現している2人がいる。両上肢欠損の日向楓田中映伍。ともに神奈川で育ち、現在は練習をともにする大学生の2人は、抜きつ抜かれつのレースでパリ2024パラリンピック前、最後のジャパンパラを盛り上げた。

5時間で取り返した100m自由形の日本記録

先に世界に羽ばたいたのは50mバタフライを得意とする日向楓。高校時代に東京パラリンピックに出場したが、もともとターゲットにしてきたパリパラリンピックにかける思いは強い。

東京パラリンピックに3選手を送り出した、パラ水泳の強豪である宮前ドルフィンで練習を重ね、2022年の世界選手権(ポルトガル・マデイラ)では出場全種目で日本記録を更新し、50m背泳ぎと50mバタフライ(ともにS5)でメダルも獲得。しかし、その後、伸び悩んだ。

生まれたときから両腕がない日向は、中央大学で精密機械工学を学ぶ1年生

2023年の世界選手権(イギリス・マンチェスター)では、ベストを更新できず、一つ年上の田中に先着され、日本記録を次々と奪われたのだ。

「少しずつ取り返していきたいと思います」と話しつつも、見据えるのはあくまでも世界の高み。田中と高め合うことで、S5クラスを席巻する中国勢とブラジル選手の背中を追いたいと誓っていた。

「イルカのような泳ぎ」を追求する日向

広告の後にも続きます

前半のスピードを強化して挑んだ3月のパリパラリンピック日本代表選考会では50mバタフライで派遣基準記録Bを突破。今回のジャパンパラでも大会記録を更新したが、決勝で田中に敗れ、悔しさを隠さなかった。

しかし、翌日、100m自由形では笑顔を見せた、予選で田中に日本記録を奪われるも、5時間後の決勝で取り返したのだ。

「この喜びはかなり久しぶりです」と日向

「予選は前半を抑えて後半に行くというプランがハマらなくて、決勝はガラッと変えて前半から飛ばして後半は体力が残っていたら頑張ろうというプランで行き、それがハマったかな」
と、安どの表情で振り返った日向。決勝のタイムは1分18秒11。自己ベストを2秒近く縮める大ベストだった。

そして、「田中選手の記録更新がなければ、レース展開を変えることはなく、ベストも更新されなかった」と日向は言う。インタビューでこそライバル心をむき出しにするものの、世界選手権では気合いを入れるために2人で坊主頭にするなど仲がいい。

ライバルの存在も力にし、長いスランプから抜け出した日向。パリでは世界のトップ選手たちに食らいつく泳ぎを見せてくれるはずだ。

100m自由形の日本記録を奪い返した日向(右)

パラリンピックの目標は全種目ベスト更新!

一方の田中映伍も負けてはいない。大会中日は100m自由形で日向に敗れたものの、初日と最終日は50mの背泳ぎとバタフライで優勝。エキシビジョンのリレーも泳ぎ切り、課題だったスタミナも向上した様子だった。

東洋大学で社会福祉を学ぶ2年生の田中。ナショナルトレーニングセンターで練習に励む
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル