top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

歌とダンス!音楽エンターテイメント映画 『雨ニモマケズ』 安野澄、諏訪珠理、上村侑など若手俳優をはじめ、和田光沙、木村知貴、山中アラタ、宇乃うめの、など総勢21名が参加!

cinefil

総勢21名の役者が共演!音楽エンターテイメント映画

総勢21名の役者が、芝居・歌・ダンスで共演する音楽エンターテイメント映画『雨ニモマケズ』が現在、製作されています。

2023年に初監督作品『MOOM and GOLDFISH』を劇場公開した飯塚冬酒 監督のもと、映画・演劇・音楽などで活躍する役者が続々と集まって本作を創りあげています。

注目の若手俳優

安野澄(『呪怨~呪いの家~』NETFLIX、『ちむどんどん』NHK)
諏訪珠理(『裸足で鳴らしてみせろ』工藤梨穂 監督 / 『浮かぶ』吉田奈津美監督)
上村侑(『許された子どもたち』内藤瑛亮 監督 / 『Single8』小中和哉 監督)
笠松七海(『おろかもの』芳賀俊 監督 / 鈴木祥 監督)
神林斗聖(『MOON and GOLDFISH』飯塚冬酒 監督)
生沼勇(『蒼のざらざら』上村奈帆 監督)

日本映画界で活躍する個性派俳優の共演

和田光沙(『岬の兄妹』片山慎三 監督 / 『獣手』夏目大一朗 監督)
木村知貴(『はこぶね』大西諒 監督)
山中アラタ(『かば』川本貴弘 監督 / 「拝啓、永田町」土田ひろかず 監督)
宇乃うめの(『とりつくしま』東かほり 監督 / 『ふまじめ通信』まつむらしんご 監督)

さらにはベテラン俳優からミュージシャンまでが参加

ベテラン俳優の東ちづるや梅垣義明(ワハハ本舗)、元ラッツ&スターの山崎廣明、南條みずほなどのミュージシャンも本作に参加しています。

広告の後にも続きます

21名の役者が、演じ、歌い、踊る、エンターテイメント作品。
どのような作品になるのか、これからが楽しみです。

『雨ニモマケズ』あらすじ

日本のゴスペル界を牽引してきた音楽家が亡くなって一年。遺言にそって、ゴスペル界で活躍するディレクターやクワイア(合唱団)が集まりメモリアルパーティをひらく。
そのパーティの一日、集まった人々の悲喜こもごもの人生が交差する。

出演者・監督からのメッセージ到着

本作に出演の役者、監督よりメッセージが到着しています。

安野澄(あんのゆら)

今作のお話を飯塚監督から初めてお聞きした時、ワクワクする気持ちと、自分がそれを務められるのか不安な気持ちとが入り混じっていました。
撮影に入る前にリハーサルがあり、みなさんと動きの確認や話し合いをたくさんできたので、本番はリアルなチームとして『雨ニモマケズ』を作り上げることができたかなと思います。アップの時に心からみんなでお疲れ様でしたー!と言い合える素敵な現場でした。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル