top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

長谷川白紙、待望の2ndアルバム『魔法学校』を〈Brainfeeder〉よりリリース|シングル「ボーイズ・テクスチャー」が先行解禁

Qetic

7月にフライング・ロータス率いる〈Brainfeeder〉と契約した長谷川白紙による待望のニューアルバム『魔法学校』が、7月24日(水)に発売される。

KID FRESINOや挾間美帆が参加

〈Brainfeeder〉移籍後初となり長谷川にとっては約4年8ヶ月ぶりのフルアルバムとなる本作には、レーベル契約発表時にリリースされ、ルイス・コールやサム・ゲンデルらとのコラボレーションでもお馴染みの実力派ジャズ・ベーシスト、サム・ウィルクスが参加したシングル“口の花火”のほか、KID FRESINOとの共演曲“行つてしまつた”や、花譜への提供曲“蕾に雷”のセルフカバー、挾間美帆がホーンアレンジで参加した“恐怖の星”など全12曲が収録される。

『魔法学校』は7月24日(水)にCD、デジタル/ストリーミング配信でリリース。CDには解説書と歌詞対訳が封入される。CDは初回生産限定のTシャツ付きセットでも発売決定。LPは8月9日(金)に発売され、数量限定の日本語帯付き仕様盤(トランスルーセント・ピンク・ヴァイナル)、通常盤(トランスルーセント・ピンク・ヴァイナル)と、数量限定タワーレコード特別カラー日本語帯付き仕様盤(ゴールド・ヴァイナル)の3形態となる。また、タワーレコード、HMV、ディスクユニオン、Amazonでアルバムを購入するともらえる各種オリジナル特典も近日発表予定、こちらもぜひチェックしていだきたい。

私は最初、身体を倒立させるという単一の目的に向けてこの作品を制作し始めました。しかし制作を進める中で、初めに仮定していた身体の構成法がいかに既に一元的であったか、そして私自身の身体がいかに無数の矛盾した可能性を持っているかに恐れを抱くことになりました。この作品の制作は、常にそのような恐れと混乱の中で行われました。私は最終的には、この作品を明瞭に方向づけることはしませんでした。それは最初から不可能であったのです。私は工芸士や宣教師、サンプルパック、シャッター、時間の雇用主や記憶の親友、虎の子、輝く無性的なもの、思い浮かぶ何にもなりたくなく、同時に全てになりたいと思いました。 私は未だに自らの制御を失っています。そしてそれはおそらく、時間的な経過の中でしか失えないものでした。 (私からは以上です。)

長谷川白紙

西田修大がギターで参加、“ボーイズ・テクスチャー”解禁

そして、アルバムからの先行シングル“ボーイズ・テクスチャー”が本日5月9日(木)22時よりの配信スタート。この曲は長谷川が昨年、パリ・ファッションウィークでのnoir kei ninomiyaのSpring/Summer 2024のショーのために書き下ろした曲が元になっており、ギターで西田修大が参加。ミックスは浦本雅史、マスタリングはビョーク(Bjork)なども手がけるヘバ・カドリー(Heba Kadry)が担当している。

長谷川白紙 – ボーイズ・テクスチャー

RELEASE INFORMATION

魔法学校

2024.07.24(CD, CD+Tシャツ) 2024.08.09(LP) 長谷川白紙 label:Brainfeeder / Beat Records CD国内盤 (歌詞・解説付き):¥2,700 +tax CD国内盤+Tシャツ:¥7,000 +tax LP国内仕様盤 (日本語帯付き/解説書・DLカード付き/トランスルーセント・ピンク・ヴァイナル):¥5,400 +tax LP通常盤 (DLカード付き/トランスルーセント・ピンク・ヴァイナル):¥5,000 +tax タワーレコードLP限定盤 (ゴールド・ヴァイナル) TRACKLISTING: 01. 行っちゃった 02. 行つてしまった / 長谷川白紙 & KID FRESINO 03. 口の花火 04. 撤回 05. 蕾に雷 06. 恐怖の星 07. ねんねこころみ 08. 禁物 09. 魔法インター(v2) 10. ボーイズ・テクスチャー 11. ばみ 12. 外 配信はこちらCDの詳細はこちらLPの詳細はこちら

ボーイズ・テクスチャー

Out Now 長谷川白紙 長谷川白紙

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル