top_line

大泉洋、撮影終了後のエキストラに長々と語りかける「お家に帰るまでが映画の撮影ですから」

SPICE

1月25日(金)に封切られる映画『そらのレストラン』から、撮影後の大泉洋をとらえたメイキング映像が公開された。

『そらのレストラン』は、2012年1月に公開された洞爺湖が舞台の『しあわせのパン』、2014年10月に公開された空知が舞台の『ぶどうのなみだ』に続く、大泉洋主演の“北海道映画”シリーズ第三弾。北海道道南にある“せたな町”を舞台に、チーズと様々な食材が、仲間と家族の心を繋いでいくのを描く作品だ。シリーズの過去作品に引き続き、北海道出身の大泉洋が一日限りのレストラン開店のため奔走する亘理役を演じるほか、妻・こと絵役で本上まなみ、東京からやってきた牧羊を営む若者・神戸を岡田将生が演じる。また、マキタスポーツ、高橋努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世らも共演。『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督がメガホンをとる。

公開されたのは、主演の大泉がエキストラに語りかける映像。大泉演じる亘理と仲間たちが食材を販売するファーマーズマーケットのシーンの撮影後をとらえたものだ。大泉じゃ「皆さん本当にありがとうございました。撮影に参加していた役者の皆さんです。お疲れ様でした。こっから私の話長くなるので(笑)」と、岡田やマキタスポーツらキャストを帰してエキストラに語りかける。


「皆さんお疲れ様でございました。だいたいエキストラっていうのは、一回参加すると二度と来ないもんですよ、だいたい飽きちゃうんですね」と親し気に語り、集まった人々を沸かせる。さらに、「今回はどういう文言の募集だったんですか?」と質問。「北海道の大物俳優!」と答えが帰ってくると、大泉は「大泉洋が来るんじゃないかと予測があった方はどのくらいいるんですか?」とも。エキストラが一斉に手を挙げると、大泉が「いや、ありがたいですね!」と喜んでいる。その後も、「風邪なんか引きませんでした?」「まんべんなく映画にお出になられました?」と独特のフレーズで気づかいを見せ、最後には「お家に帰るまでが映画の撮影ですから。ありがとうございました!」と、最後までサービス精神を見せながら締めくくっている。

 

『そらのレストラン』は1月25日(金)全国ロードショー。

 

TOPICS

ランキング

ジャンル