top_line

神木隆之介主演 映画『フォルトゥナの瞳』ロケ地をつなぐ私鉄3社合同企画「フォルトゥナの瞳」号が運行 神戸から奈良へ

SPICE

『永遠の0』や『海賊とよばれた男』の著者である百田尚樹による小説『フォルトゥナの瞳』が実写映画化され、2月15日(金)より全国東宝系にて公開される。

「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な能力 ―フォルトゥナの瞳― を持ち、最愛の女性の“死の運命”を知ってしまう青年・慎一郎を演じるのは、本作が初の本格ラブストーリーとなる神木隆之介。そして、慎一郎と未来を誓い合いながらも死の運命に導かれていく女性・葵を演じるのは有村架純。ふたりは4度目の共演にして、初の恋人役を演じる。


全編、関西で撮影されたことでも話題の本作。物語のクライマックスとなる、電車をつかった大掛かりな撮影に使用された近畿日本鉄道をはじめ、兵庫県神戸市、奈良県橿原市等の関西ロケ地に全面協力いただき撮影された。そして今回、ロケ地沿線を走る鉄道3社、(近畿日本鉄道、阪神電気鉄道、山陽電気鉄道)が公開を記念した映画『フォルトゥナの瞳』号を2月1日から運行させる。

ロケ地情報を掲載した映画のビジュアルで車内の中吊りをジャックし、先頭車両には公開を記念したヘッドマークが装飾される。3社が映画で共通のヘッドマークを掲出するのは史上初の試み。パネル展のような車内に、地元の乗客、映画ファンだけでなく、鉄道ファンまでも楽しめる企画となっている。


また、3社の沿線でロケ地をつなげられることから、ロケ地マップパンフレットが、神戸市、橿原市をはじめとした各地の施設、そして沿線主要駅に設置される。

三木孝浩監督の手掛ける美しい映像によって彩られたロケ地の風景を、地元の方のみでなく、聖地巡礼として楽しんでもらえる展開となっている。

映画『フォルトゥナの瞳』は、2月15日(金)より全国東宝系にて公開。

TOPICS

ランキング

ジャンル