top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「藤井聡太名人は不本意な展開では」豊島将之九段が盛り返し互角のまま夜戦へ!白熱の終盤戦制するのはどっちだ/将棋・名人戦七番勝負第2局

ABEMA TIMES

 将棋の藤井聡太名人(竜王、王位、叡王、王座、棋王、王将、棋聖、21)に豊島将之九段(33)が挑戦する第82期名人戦七番勝負第2局が4月24日、千葉県成田市の「成田山 新勝寺」で2日目の対局が行われている。注目の一戦は、形勢互角のまま白熱の終盤戦へ。午後5時から30分の夕食休憩をはさみ、夜戦に突入する。

【中継】藤井名人VS豊島九段 白熱の終盤戦へ!(生中継中)

 藤井名人の先勝で迎えた第2局。スローペースで進行してたが、中盤の難所で藤井名人が動いた。我慢の展開を選んだ豊島九段に対し、藤井名人は軽やかに桂馬を跳ねて進攻。互角だった形勢はここから藤井名人側に傾き出した。

 本格的な開戦から藤井名人がリードを拡大させるかと見られていたが、豊島九段の辛抱から再び形勢は互角状態に。ABEMAの中継に出演した阿部光瑠七段(29)は「豊島九段は手ごたえを感じているのか、前向きなで積極的な手多くなってきた。逆に藤井名人は押され気味で、ちょっと凹まされている。我慢するような手が多く、不本意な展開になったのかもしれない」と印象を語った。

 難解な局面からどちらが踏み込んでいくのか、今後の展開から目が離せない。持ち時間は各9時間。

広告の後にも続きます

【夕食メニュー】

藤井聡太名人 おにぎり、リンゴジュース
豊島将之九段 おにぎり、お茶

【夕食休憩時の残り持ち時間】

▲豊島将之九段 1時間55分(消費7時間5分)
△藤井聡太名人 1時間13分(消費7時間47分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル