top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【日本ハム】2年連続最下位から開幕ダッシュ成功 「勝負に徹する」就任3年目の新庄剛志監督、采配に変化が

J-CASTニュース

2年連続最下位からの巻き返しを狙う日本ハムが、開幕ダッシュに成功している。

新庄監督、就任以来最多の「貯金4」

4月23日の楽天戦(楽天モバイル)は、1点リードの8回。開幕から8試合連続無失点中だったセットアッパーの金村尚真が、代打・茂木栄五郎にソロを被弾。試合を振り出しに戻されたが、ここで楽天の勢いに飲まれずに、救援陣が踏ん張る。

さらに打線が、最後に応えた。同点の延長12回2死二、三塁の好機で途中出場の上川畑大悟が左前にはじき返す決勝打。引き分けを挟んで今シーズン初の5連勝を飾り、新庄剛志監督就任以来最多となる貯金4に増やした。

就任3年目を迎えた指揮官の采配にも変化が見られる。

過去の2年間は、若手育成の観点から、失敗に目をつむって我慢強く起用し続けてきたが、今年は勝負に徹する姿勢を見せている。

広告の後にも続きます

野村佑希が打撃不振で今月12日にファーム降格。新外国人のスティーブソンも打率.118と状態が上がらず、登録抹消された。

一方で3番・万波中世、4番・マルティネスは開幕から打順を動かしていない。マルティネスは開幕から快音が聞かれず打率が0割台まで落ちたことがあったが、最近6試合でマルチ安打が4試合と復調気配だ。

役割分担がしっかり「新庄イズムが浸透している」

「新庄監督の采配が次のステージに入ったように感じます。選手間の競争を促す一方で、万波やマルティネスは中軸を任せて責任感を持たせている。途中出場する選手たちの活躍が目立つのは役割分担がしっかりしているから。新庄イズムが浸透しているように感じます」(スポーツ紙デスク)

粘り強い戦いは接戦の強さに表れている。

1点差試合は昨シーズン17勝31敗と大きく負け越したが、今シーズンは5勝全勝。一過性に終わらない強さを感じるが、他球団のマークが今後は厳しくなるだろう。

日本ハムは台風の目になれるか。

(中町顕吾)

 
   

ランキング

ジャンル