top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

放送事故レベル! 菊池雄星、バットを叩きつけられる ヤバすぎるホームラン“確信歩き”が話題に 「え?なんで?w」「怖すぎるな」

ABEMA TIMES

【MLB】ロイヤルズ3-5ブルージェイズ(4月22日・日本時間23日/サンディエゴ)

【映像】ファン騒然… 菊池雄星、バットを叩きつけられる瞬間

4月21日(日本時間22日)に米・ミズーリ州カンザスシティのカウフマン・スタジアムで行われたカンザスシティ・ロイヤルズ対トロント・ブルージェイズの一戦で、ロイヤルズの選手が見せた“謎すぎる確信リアクション”が、野球ファンの間で話題となっている。

5-0、ロイヤルズ5点のビハインドで迎えたこの試合の6回裏・ロイヤルズの攻撃、1死二塁の場面で打席に立った1番のマイケル・ガルシアは、マウンド上のブルージェイズ先発・菊池雄星のボールをよく見極めてカウント2-2とすると、5球目、内角にやや甘く入ったストレートを見逃さずにフルスイング。打った瞬間、ガルシアも菊池も着弾を確信したであろうこの打球は、瞬く間にレフトスタンド上段へと着弾。3点差に迫る貴重な一打となったが、この一打を放った直後、なぜかガルシアは、打球を見上げながらゆっくりと歩きはじめ、まるで三振を喫したときのように、バットを叩きつけるという“謎リアクション”を披露。しかもその勢いたるや、なかなか凄まじいものであったことから、中継を観ていた多くのファンの注目を集めることに。

こうしたガルシアの“謎リアクション”に、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「なんで?w」「嬉しいのか、悔しいのか」「どう見てもキレてるようにしか見えない」「いくらなんでも謎すぎるw」「怖すぎるだろ」「バット投げですらないというw」「ようやく打てたわ!やってやったぜ!っていう感じ?」「バットはさすがになw」「フィルダーのバット投げ骨折思い出したwww」「道具は大切にね」といった様々な反響が巻き起こっている。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル