top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

試合前はファンサで神対応…大谷翔平、2試合連続HR 自己最速「191キロ」特大弾は「球が速すぎて…」

J-CASTニュース

ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手が2024年4月23日(日本時間4月24日)、ワシントン・ナショナルズ戦に2番・指名打者(DH)で先発出場した。2試合連続となる6号ソロホームランを放った。

137メートルの特大ホームラン

大谷がナショナルズの本拠地、ナショナルズ・パークで試合をするのは初めて。試合前にはボールにサインするなどファンサービスをして、ワシントンD.C.のファンの心を掴んだ。

大谷の第1打席はカウント3-2から外角低めの球を打つと、バットを折られ、セカンドゴロに倒れる。

第2打席はカウント2-2から内角高めの球をセンターに打つもセンターライナーに打ち取られる。第3打席もセンターに大きなフライを打ち、センターフライ。

第4打席は4球連続ボールで1度もスイングすることなく四球で出塁。これで連続出塁記録を21試合に伸ばした。

広告の後にも続きます

そして9回の第5打席、2球目の甘く入った球をとらえると、打球はライトスタンドの2階に飛び込む特大のソロホームラン。2試合連続ホームランとなった。

打球速度118.7マイル(約191キロ)、飛距離137メートルの特大ホームランで、打球速度はホームランとなったもので自己最速の打球速度となった。

大谷の特大ホームランにXでは「打った瞬間にわかる特大ホームラン!」「ナイスバッティング 球が速すぎてテレビでよく見えないですね」「打ったときの音もえぐい」「まさに弾丸」などのコメントが寄せられた。

この日の大谷は4打数1安打1本塁打1打点の活躍。今季成績は打率.364、6本塁打、14打点。

試合は4対1でドジャースが勝利した。

 
   

ランキング

ジャンル