top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

浅野忠信、剛力彩芽、桂文枝、西川きよしらが登場!「島ぜんぶでおーきな祭 第16回沖縄国際映画祭」4/21(日)レッドカーペット開催レポート

WWSチャンネル

島ぜんぶでおーきな祭 第16回沖縄国際映画祭(※提供画像)

島ぜんぶでおーきな祭 第16回沖縄国際映画祭」は、
2024年4月20日(土)・21日(日)の2日間にわたり開催した。
最終日となる21日(日)には、那覇市の国際通りで本映画祭の
華となる「レッドカーペット」が実施された。
全長160メートルからなるレッドカーペットには、
総勢760名が歩行し、浅野忠信、賀来千香子、剛力彩芽、
和田正人をはじめ、桂文枝、西川きよし、ガレッジセールら
豪華ゲストが登場した。


オープニングセレモニーでは主催者を代表して、
沖縄国際映画祭実行委員会 名誉会長 沖縄県知事
玉城デニー氏の代理で副知事 池田竹州氏は、
映画祭が春の風物詩であると話し、映画祭を通し沖縄の自然、
文化、風習など魅力あふれる観光資源が世界中に広がっていく
ことを期待しているとメッセージを伝えた。
そして、沖縄国際映画祭実行委員会 副会長 那覇市長 知念覚氏による
レッドカーペット開催宣言と共にスタート。

【写真】豪華ゲストが登場した「島ぜんぶでおーきな祭 第16回沖縄国際映画祭」


レッドカーペットでは、琉球王朝時代に行われた祝儀舞踏、
四つ竹踊りが披露された。踊るのは沖縄県内で活動する高校生を
含む若手舞踏家の面々。ゆったりとした三線の音色と歌声に合わせて、
鮮やかな紅型に花笠をかぶり、四つ竹を打ち鳴らしながら踊る
様子はしなやかで華やか。つめかけた観衆はすばらしい踊りを堪能していた。
トップで登場したのはガレッジセールの2人。
ゴリは映画祭について
「終わるのが悲しい思いもあるんですけど、
僕は所属している吉本興業が16年、沖縄にこれだけの祭りを
続けてくれた感謝の方が大きいです」とコメント。
そして「いろんな芸人さん、俳優さん、アイドルの方などに
来ていただいて、沖縄の人たちも実際に気軽に観ることができて、
テレビに出てる人を生で見れた。すごく価値のあるイベント
だったと思います」と振り返った。

広告の後にも続きます

最後ということで噛み締めながら歩いた、
という川田は「あんなに小さかった映画祭がこんなに広がって
16年続いたというのが本当に感謝ですね」と話した。

ど派手な衣装で登場した紅しょうがの2人は、
「京楽産業さんのCM衣装で来させていただいたんですけど、
私は普段からなめられたくない気持ちでやっているので、
今日誰よりも一番強そうにレッドカーペットを歩けて良かったです!」と熊元。
稲田は腰に巻いたベルトを見つつ、
「まさかこのベルトをつけながらレッドカーペットを
歩けると思ってなかった」と笑わせると
「優勝した気持ちになれました。初めてなんですけど、
これで合ってるんですか?(笑)。でも楽しかったです!」。


特別招待作品「くすぶりの狂騒曲」出演の和田正人は、
気楽に話しかけてくれるところが、自身の地元の高知とそっくりと笑顔。
「またなにかの形で沖縄を盛り上げて、映画界が盛り上げる
場所が生まれたらいいなと思います」と今後に期待を込めた。

【写真】豪華ゲストが登場した「島ぜんぶでおーきな祭 第16回沖縄国際映画祭」


特別招待作品「おしゃべりな写真館」からは賀来千香子と
中原丈雄らがレッドカーペットへ。賀来は「皆さんの熱気を感じて、
温かく迎えていただいたことにすごく嬉しく、私たちも感激しています。
沖縄のパワーをいただいて、映画が皆さんの心に届くような
気がしました」と映画祭と沖縄についてコメント。
特別招待作品「私が俺の人生!?」出演の剛力彩芽は、
「すごい楽しい!」と弾ける笑顔。初めてレッドカーペットを歩いた感想と
して「たくさんの方に名前を呼んでいただけて嬉しかったです。
握手をさせていただいたり、触れられたりするのも幸せだなと感じます」と
話し、沖縄の温かさ、雰囲気に幸せを感じたと話した。
宮沢和史はリラックスした表情でレッドカーペットを闊歩。
「前に歩いた時よりも国際化しているというか。
色んな方がいらっしゃって、16年で築いたものが花開いたなあと
いう感じがしました」と今回の印象を語る。
そして「沖縄と他県に結ばれた目に見えない
絆みたいなものは、途切れることはないと思う」と
映画祭についても言及。「その最後、フィナーレに後輩や
皆さんと一緒に歩けたことが光栄です」と話した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル