top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

身体能力エグすぎるって…!モイネロが「先発仕様」にモデルチェンジ…打たせて取る“圧巻投球”が話題 「ほんま神」「センスと運動神経の塊」

ABEMA TIMES

4月13日にベルーナドームで行われた埼玉西武ライオンズ対福岡ソフトバンクホークスの一戦で、先発として初勝利を挙げることとなったソフトバンク・モイネロが野球ファンの間で話題になっている。

【映像】身体能力がヤバい!モイネロ〝圧巻〟投球シーン

この試合、先発のマウンドに上がったモイネロは、リリーフ登板時よりもやや力をセーブした状態での投球となったものの、勝負球の剛速球に、急速差のあるチェンジアップやカーブ、スライダーなどの変化球を巧みに織り交ぜるピッチングで、終始、西武打線を翻弄。8回を投げて被安打3、7奪三振で無失点と、完璧ともいえる内容で、嬉しい先発初勝利をマークすることに。そのため、ネット上の野球ファンからは「やっっっと報われた…先発転向初勝利おめでとう!!」「8回(までずっと)モイネロの攻撃」「超大型契約して気が緩んでもおかしくないのに 当たり前のように期待に応え続けてくれるのほんま神」「フィールディング上手いし、ランナー居なくてもクイック混ぜたりしてるし、センスと運動神経の塊って感じやね」「プレーは言うことないし、真面目で人柄もいいしお茶目で可愛くて、モイネロ大好き」といった様々な反響が、続々と巻き起こることとなった。

4月19日放送の『バズ!パ・リーグ』(ABEMA)では、改めてこうしたモイネロの好投ぶりについてVTRを交える形で紹介することとなったが、その際に野球解説者の里崎智也氏は、「いやもう、完全にモデルチェンジしましたよね。豪腕タイプというよりも、7~8割で投げて。制球もいいですし、変化球もいいし、楽々投げてるなかで、しっかり抑えられてるところがね。かなりポテンシャル高いし」と、モイネロがリリーフ時代とはまったく異なる投球を披露していたと指摘。その上で、「今後の国際大会でいえば、キューバ代表で、モイネロが今度、先発で来るから。今までは、(リリーフで)モイネロを出さないようにすればよかったんですけど。そういったところが、国際大会になっても脅威になる」と、今後のさらなる飛躍についても期待する形でコメントした。
(ABEMA『バズ!パ・リーグ』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル