top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

一体、何のメッセージなのか…!? “MLBの悪童”が相手の痛恨エラー後に見せた“ポーズ”がヤバすぎると話題に ファン騒然 「さすがにあかんw」「金数えてるポーズにしか見えない」

ABEMA TIMES

【MLB】パドレス6-3ブルージェイズ(4月21日・日本時間22日/サンディエゴ)

【映像】ファン騒然… “悪童”のヤバすぎるポーズ

4月21日(日本時間22日)に米・カリフォルニア州サンディエゴのペトコ・パークで行われたサンディエゴ・パドレス対トロント・ブルージェイズの一戦で、“パドレスの悪童”こと、主砲のマニー・マチャドが放ったラッキーすぎる先制打をはからずもアシストしてしまったブルージェイズ外野手の拙すぎるプレーが、野球ファンの間で話題となっている。

0-0で迎えたこの試合の1回裏・パドレスの攻撃、2死一塁の場面で、打席に立った4番のマチャドは、カウント3-2からの6球目、ボール気味に投じられた外角低めの変化球を上手く右へと弾き返すと、打球は一、二塁間を低い弾道のライナーで抜け、瞬く間にライト前へと落ちる一打に。これをブルージェイズのライトを守るベテランのジョージ・スプリンガーが前進して抑えようと試みるも、ここでまさかのトンネル。スプリンガーが差し出したグラブをボールがかすめてライトのフェンス際へ向って転々とする間に、一塁走者のジェーク・クロネンワースは二塁に次いで三塁も蹴って本塁へと還り1点先制。打ったマチャドも悠々三塁へと到達し、塁上から両手でパフォーマンスを披露し、仲間たちと喜びを分かち合うこととなった。

こうしたマチャドのラッキーな先制打と、その後に見せたドヤ顔でのハートポーズに、日本のパドレスファンも大いに注目。ネット上では「さすがマチャド兄貴w」「ハートのやつ、マチャドがやると金数えてるポーズにしか見えんなw」「マチャドってやべえイメージだけどプレーは全力なとこがかわいいwww」「でも大人になったよw」「ハートマーク、ダル兄さんがマチャドにちゃんと教えんといかんわww」「なんでもヤバく見えるなw」「ブ軍のライト、これはさすがにあかん」といった様々な反響が巻き起こっている。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル