top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

祖父の葬儀のため疎遠だった実家に帰郷したシングルマザーと娘 襲いかかる恐怖 「呪葬」公開決定

映画スクエア

 台湾発のホラー映画「呪葬」が、2024年7月12日より劇場公開されることが決まった。

 「呪葬」は、死者の魂が戻ってくるといわれる「初七日」の風習から生まれたホラー映画。祖父の葬儀のため、長らく疎遠だった実家に帰郷したシングルマザーのチュンファと娘のチンシェン。しかし、2人を迎えたのは冷え切った家族と、不穏な影が潜む不気味な屋敷だった。大好きだった祖父のために初七日までとどまろうとするチュンファだが、悪夢に悩まされ、やがて母娘ともに夢なのか現実なのかも分からない正体不明の恐怖へと飲み込まれていく。

 ポスタービジュアルでは、祖父の遺影を前に、一同に介した家族たちの物々しい様子とともに、本作で映画初主演を飾る台湾のアイドルグループS.H.E出身のセリーナ・レン演じる主人公チュンファの恐怖に凍りついた表情が切り取られ、「帰ってきてはいけない この家は何かおかしい―」のコピーが添えられている。

 あわせて解禁された予告編は、身を寄せ合って眠るチュンファと娘チンシェンのシーンから幕を開ける。「帰っておいで」という叔父からの電話を受け、祖父の葬儀のため久々に足を踏み入れた実家は、重く不穏な空気に支配されていた。「お前の居場所はない」とチュンファを拒絶する父親、「ママがなぜ家を出たか知ってる?」とシンチェンに尋ねる意味深な叔父のセリフによって深まる謎。「初七日の後に出ていく」と語るチュンファだが、彼女を追い立てるように悪夢が襲う。生米をむさぼり食う謎の女、砂に残る足跡、屋敷を出てもなお彼女を追い続ける”何か”などが描き出される。

【作品情報】
呪葬
2024年4月26日(金)新宿ピカデリーほか全国公開
配給:アルバトロス・フィルム
©2023 Slotherhouse™ All rights reserved

 
   

ランキング(映画)

ジャンル