top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

“初七日”の風習から生まれた台湾ホラー映画『呪葬』7月12日公開 予告編&ポスターも

Real Sound

『呪葬』©2022 PINOCCHIO FILM CO., LTD. TAIWAN MOBILE CO., LTD. Macchiato Digital Imaging Co., Ltd PEGASUS ENTERTAINMENT CO., LTD. MUWAV DIGITAL STUDIO CO.,LTD

 台湾ホラー映画『The Funeral(英題)』が、『呪葬』の邦題で7月12日よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国公開されることが決定した。

参考:「実際の事件をもとにした作品」はどこまで本当? 『呪詛』『グッド・ナース』から探る

 台湾公開当時の年間ランキング(台湾映画)で6位となる大ヒットを記録した本作は、死者の魂が戻ってくるといわれる“初七日”の風習から生み出された家系ホラー。

 優しかった祖父を見送るため、疎遠にしていた実家に戻ったチュンファとその娘チンシェン。年月が経っても冷たく無礼な父、嫌味の絶えない姉、おどおどとした義兄、どこかよそよそしい母。失望しきりのチュンファだが、叔父の助けもあり、気丈に初七日まで過ごそうと決意する。しかし、彼女の意思に反して、不気味な悪夢が彼女を襲うようになる。奇妙な物音にはじまる、家にはびこる怪異に慄くチュンファだが、チンシェンにも同じ症状が現れたことを知る。疲弊した彼女たちは、想像を絶するさらなる恐怖に巻き込まれていく……。

 あわせて予告編とポスタービジュアルも公開。予告編は、身を寄せ合って眠るチュンファと娘チンシェンのシーンから幕を開ける。「帰っておいで」という叔父からの電話を受け、祖父の葬儀のため久々に足を踏み入れた実家は、重く不穏な空気に支配されていた。「お前の居場所はない」とチュンファを拒絶する父親、「ママがなぜ家を出たか知ってる?」とシンチェンに尋ねる意味深な叔父のセリフに深まる一族訣別の謎。「初七日の後に出ていく」と啖呵を切るチュンファだったが、彼女を追い立てるように悪夢が襲う。生米を貪り食う謎の女の姿、実態なく砂に残る足跡、屋敷を出てもなお執拗に彼女を追い続ける“何か”。「私たちはここにいてはいけない」というチュンファの独白が意味するものとは。そして彼女たちは初七日の夜、いったい何を目撃するのか。

広告の後にも続きます

 日本版ポスタービジュアルでは、祖父の遺影を前に一同介した家族たちの姿とともに、本作で映画初主演を飾った台湾のアイドルグループS.H.E出身のセリーナ・レン演じる主人公チュンファの恐怖の表情が切り取られている。
(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル