top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

石橋貴明、カブス・鈴木誠也選手と特別対談 今永昇太投手との関係に「来てくれてめっちゃうれしい」<緊急渡米!ベースボールのおかげです。>

WEBザテレビジョン

ABEMAオリジナルバラエティ番組「緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。」#4が、ABEMA SPECIALチャンネルにて4月18日に放送された。

「緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。」は、石橋貴明が、アメリカの地で開幕直前のメジャーリーグベースボール(以下、MLB)のキャンプや練習試合に実際に足を運び、現役日本人メジャーリーグ選手や元プロ野球選手などの豪華メンバーに直撃したインタビューを公開する全5回のバラエティ番組となっている。

■4月18日放送では

4月18日放送の #4では、石橋が、シカゴ・カブスのキャンプ地を訪れ、現地取材する。4月11日放送の今永昇太投手に続き、MLB3年目のシーズンを迎えた2024年シーズンで、日本人選手第1号を放った鈴木誠也選手と特別対談を行った。

鈴木選手とプロ野球時代から親交があり、挑戦を応援し続けている石橋は、鈴木選手のMLBでの歩みをふり返った上で、「去年はベンチをあたためている時期があった。『誠也でもそんなことがあるんだ』と思った」と率直な感想を言うと、鈴木選手は「成績が悪すぎたので仕方ない」と納得しつつも、当時の心境を「ヒットを打ってもうれしくないし、凡打してもくやしくないという、ワケのわからない状況に陥って、『また試合か……』というモチベーションになった。何を目的にプレーをしているのか、ボヤけていた」と続けて、「“野球ノート”に、自分の思っていることや理想の姿を書き出した。そうすることで、次の課題が見つかった」と逆境の乗り越え方を明かした。

また、“理想の打順”を聞くと、鈴木選手の「4か5番がいい」との回答に、石橋が「やっぱり4番でしょ!」とエールを送る。鈴木選手は「あまり打席がまわりすぎると集中力が切れちゃうので……(笑)。5から6打席まわってくると、フワフワしちゃう」とぶっちゃける。石橋は「そういうのあるの!? 試合中は『かかってきなさい!』って感じなのに」と驚きの声をあげると、鈴木選手は「打席に入ったら、ですよ。直前までは『マジで回ってくるな』って願う時があるんです(笑)」と暴露し、笑いを誘っていた。

■日本人メジャーリーガーの話題では

日本人メジャーリーガーの話題に移ると、まずは2024年シーズンよりチームメイトになった今永投手との関係について深掘りしていく。鈴木選手は「来てくれてめっちゃうれしい。朝と練習後に、それぞれ5分くらいしか話せないけど、気持ちがぜんぜん違います」と笑顔を見せた。

また、今永投手が積極的に英語でコミュニケーションを取っていることに触れると、鈴木選手は「僕は英語を覚える気がないんです。野球に支障が出ちゃう(笑)」とニヤリとしていた。

さらに、石橋は「ほかの日本人選手の動向は気になる?」と切りこむと、鈴木選手は「基本的に、大谷翔平と山本由伸の報道ばかり。もう見あきてきた(笑)」と本音を語ると、石橋は「開幕してすぐにドジャース戦があるじゃないですか!」とフォローした。

加えて、2024年シーズンの目標成績への深掘りや、ニューヨーク・メッツの守護神エドウィン・ディアス投手との対決の裏側などを公開し、真剣な野球談議から、笑みがこぼれるかけあいまで、充実の対談となった。

さらには、鈴木選手のパーソナルコーチを務める元プロ野球選手の内川聖一にも取材を行い、石橋と打撃理論について語りあった。石橋は「カブスの入団テスト受けちゃえば?」「将来、またユニフォームを着た時のために?」とけしかけ、内川をタジタジにさせていた。

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル