top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

表参道ヒルズに“世界唯一の特徴”備えた「グランドセイコーブティック」オープン

ナリナリドットコム

セイコーウオッチは4月27日、東京・表参道に「グランドセイコーブティック 表参道ヒルズ」をオープンする。

表参道ヒルズの一角にオープンする新店舗は、全世界のグランドセイコーブティックの中で唯一の特徴があり、エントランスを入ってメインスペースへ進むと、そこはブランドメッセージである“Alive in Time”を体現する没入空間に。店内のLED壁面に映し出される映像と音楽が、グランドセイコーの新境地を提示する代表的なコレクション「エボリューション9 コレクション」の世界にいざなう。

また、グランドセイコーブティックとしては初めて、「エボリューション9 コレクション」を中心としたモデルを直接見て触れることができるコーナーを設置、グランドセイコーが磨き続けてきた匠の技や精緻さをより気軽に体感することができる。

このブティックのショーウィンドウには、グランドセイコーのものづくりと親和性のあるアーティストがグランドセイコーの魅力を表現した作品を展示。アーティスト独自の視点でグランドセイコーを解釈した作品が、文化の発信地である表参道に訪れる人々とグランドセイコーの新たな接点となる。

最初のアーティストは創業100年を超える博多人形の工房「中村人形」の4代目・中村弘峰氏。日本の伝統工芸である博多人形を現代的に再構築する中村氏の解釈で、グランドセイコーの象徴である獅子の紋章をデッサンに書き起こし、それを博多人形の技法で立体的に表現した作品「刻(とき)の獅子」を制作した。

同社の内藤昭男代表取締役社長は「最先端の文化と流行が生まれる地であり、トレンドに敏感な世界中の人々が訪れる表参道のランドマーク『表参道ヒルズ』に、このたびグランドセイコーブティックを出店することとなりました。このブティックでの特別な体験をとおして、進化を続けるグランドセイコーの真価を多くのお客様に体感していただけることを、心より祈念しております」とコメントを寄せている。
 
   

ランキング

ジャンル