top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ある学校の休暇を舞台に、孤独な魂が寄り添い合う様子を描く 「ホールドオーバーズ」予告

映画スクエア

 2024年6月21日より劇場公開される、第96回アカデミー賞での助演女優賞を受賞した「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」の、日本版予告が公開された。

 日本版予告編の舞台となるのは、1970年冬、ボストン近郊にある全寮制のバートン校。生徒と教師の大半がクリスマス休暇を家族と過ごすなか、勉強はできるが反抗的なアンガス(ドミニク・セッサ)をはじめとする4名の生徒が、学校に居残ることになり、アンガスの明らかにふてくされた様子が映し出される。生徒たちの“子守役”に任命された古代史の教師ハナム(ポール・ジアマッティ)は、生真面目すぎる言動から、同僚や生徒からも嫌われている。料理長のメアリー・ラム(ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ)はひとり息子をベトナム戦争で失ったばかりで、息子と最後に過ごしたこの場所で年を越そうとしていた。

 アンガス以外の生徒はバカンスに出ることになり、たった3人でのホリディが始まる。アンガスに「君の面倒を見るなんてごめんだ」と冷たく告げるハナムに、「帰る場所のない子にあんなことを言うなんて」などとたしなめるメアリーは、アンガスが人一倍繊細さを持ち合わせていることを感じ取っていた。映像では、それぞれに孤独を抱える3人が、美しい雪景色の中で反発し合いながらもお互いを知り、少しずつ心を通わせていく様子などが描き出されている。

 「ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ」は、1970年のニューイングランドにあるバートン校を舞台に、それぞれの事情で寮に残り、クリスマスと新年を過ごす孤独な3人の物語。誰もいない学校での自由気ままな生活の中で、ちょっとした冒険や災難を通じて、小さなつながりが生まれていく様子を描き出す。「サイドウェイ」のアレクサンダー・ペイン監督とポール・ジアマッティが再びタッグを組んでいる。

【作品情報】
ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ
2024年6月21日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
配給:ビターズ・エンド ユニバーサル映画
Seacia Pavao / © 2023 FOCUS FEATURES LLC.

 
   

ランキング(映画)

ジャンル