top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「1日でいいからあの顔で生きてみたい」練習生たちが憧れる19歳日本人練習生、圧巻美貌と強烈な歌声に会場が騒然「新人類のよう」

ABEMA TIMES

 グローバルガールズグループ誕生プロジェクト『I-LAND2 : N/a』第1話にて、日本人練習生のマイが意外性のあるステージで視線を奪った。

【映像】練習生たち憧れの19歳日本人練習生(全身姿も)

 『I-LAND2 : N/a』は、2020年にENHYPENを誕生させた大規模プロジェクト『I-LAND』の最新シリーズ。Mnetと、BLACKPINKや2NE1などのヒット曲を誕生させたトップクラスのプロデューサー・TEDDYが首長を務めるTHEBLACKLABELがコラボレーションし、新たなグローバルガールズグループを誕生させる。参加者は日本人6名を含む24名。メインプロデューサーはTAEYANG(BIGBANG)、ミュージックプロデューサーは24、VVN、パフォーマンスディレクターはMONIKA、Leejung Leeが務める。第1話では参加者を「I-LAND(アイランド)」と「GROUND(グラウンド)」に分ける入場テストが行われ、プロデューサー5人中3人から票を得られた12人のみが、豪華な待遇が得られる「I-LAND」に入ることを許された。

「この時代に一番合っているトレンディな顔」

 19歳の日本人練習生マイは、目鼻立ちがしっかりとしたビジュアルと、長い手足と小さな顔で登場時から練習生たちの間で話題を集めていた。プロデューサー陣も「この時代に一番合っているトレンディな顔」「新人類のような感じがします」と、期待を高める。

 彼女はバン・ジミン、ユン・ジユン、チェ・ジョンウンとともにステージに上がり、aespaの「Drama」を披露した。難易度の高い楽曲だが、マイは自身のアンニュイなイメージを打ち破るように、強烈な声で歌い上げてインパクトを残す。脚を高く上げて回し蹴りをするようなパートもしっかりと決め、歓声を起こした。

広告の後にも続きます

練習生たちから「1日でいいからマイさんの顔で生きてみたい、心からそう思う」と惚れ惚れするようなの声が起こるなか、プロデューサーのMONIKAは「マイさんは外見から先入観があって、綺麗に収まりすぎるかなと思っていたのですが、とてもタフでした、魅力にはまってしまいました」と、彼女のギャップあふれるステージに度肝を抜かれた様子。結果、マイは4点を獲得し、「I-LAND」入りを決めた。

(『I-LAND2 : N/a』/ABEMA KPOPチャンネルより)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル