top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平、特大弾に右翼手が「確信動かない」 じつは“内野手全員も”の衝撃真実 「作品として見事に完成させた」痛快リアクションに反響

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース10-0メッツ(4月21日・日本時間22日/ドジャースタジアム)

 ドジャースの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場。0-0で迎えた3回の第2打席に8試合ぶりとなる今季5号、松井秀喜氏を超える日本人メジャー通算176号のメモリアル弾を放った。打球速度177キロで放たれた打球はライトスタンドに一直線の飛距離128.9メートル特大弾。右翼手が一歩も動かず、手を後ろに組んで披露した「確信動かない」が話題となったが、じつは内野手全員も一歩も動いていなかったという衝撃の真実が。まるで時を止めた大谷の一発。さらに相手野手陣の“瞬時の判断”に「大谷のホームランを作品として見事に完成させた」「逆にトッププレーヤーの証」「松井選手も巨人時代に…」など様々な反響が寄せられた。

 今季まだ被本塁打ゼロだったメッツ先発・ハウザーの甘く入ったスライダーを完璧に打ち砕いた。弾丸のようなライナー性のあたりを放った大谷は、記念すべき瞬間を悟ったように「確信歩き」を披露。同様に、メッツの右翼手であるマルテは「これ絶対入るやつ!」とばかりに打球を一歩も追わず、後ろに手を組んで真っすぐ本塁方面を見据え、目で打球の行方すら追わなかった。

 そんなマルテの大谷とは対照的な「確信」ぶりに注目が集まったが、この回先頭で四球を選んで出塁していたラックスが塁上にいるにもかかわらず、内野手全員も「確信動かない」を披露していたのだ。

広告の後にも続きます

 まるで漫画のようなメモリアルな瞬間に「ありゃ役者だよ」「大谷のホームランを作品として見事に完成させた」「ライトだけじゃなくて、ランナーいたのに内野含め他の守備位置の人も」と驚きの声が相次いだ。中には「松井選手も巨人時代に何度か野手が一歩も動かない、キャッチャーとピッチャーがうなだれる特大ホームランを打って…」など、日本球界のレジェンド・松井秀喜氏に対するリスペクトの声も改めて聴かれた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル