top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

えっ? ボールが消えた…!? 大谷翔平、打った瞬間からヤバすぎると話題に 通算176号特大アーチが着弾する瞬間 「外野手が動かないw」「史上最高レベルにカッコいい」

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース10-0メッツ(4月21日・日本時間22日/ドジャースタジアム)       

【映像】球場騒然!大谷、打った瞬間からヤバすぎる

4月21日(日本時間22日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ニューヨーク・メッツの一戦で、ドジャース・大谷翔平が、打った瞬間に“着弾確定”ともいえる会心のアーチで自身通算176号をマークし、野球ファンの間で注目を集めている。

0-0で迎えたこの試合の3回裏・ドジャースの攻撃、1死一塁の場面で打席に立った大谷は、初球、外寄り高めのストレートを打ちに行き、ファウルに。続く2球目は、ほぼ同じコースへの急速差のあるスライダーとなったものの、あたかもこの球を待っていたかのように大谷のバットが一閃。捉えた瞬間に大谷自身も着弾を確信したであろうその打球は、快音や手応えの余韻に浸る間もなく、右方向へと舞い上がるとそのまま高速で滑空し、瞬時にライトスタンド上段へと突き刺さる今季第5号に。日本人プレーヤーとしては通算本塁打数で単独トップに躍り出る176号弾は、チームに貴重な先制点をもたらす衝撃的な2ランアーチとなった。

自身のメモリアルアーチを、衝撃的ともいえる“完璧すぎるアーチ”で記録した大谷に、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「鳥肌立ったわ」「なんやねんこの打球wwww」「空気感凄まじいわ」「打つ瞬間に時間も止まったみたいな感じよなw」「すべてが演出されたかのような一発」「176号がこのアーチとかヤバすぎるやろw」「中継で打てないとか言われてからの会心の一撃www」「まさに球史に残る瞬間やな」「大谷史上最高レベルにかっこいいホームラン」「漫画ばりに野手一歩も動かないw」といった様々な反響が巻き起こっている。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル