top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

何するんだ(笑)! 大谷翔平、快挙直後にベンチで爆笑 “イタズラ”の主は大谷以上に大爆笑の微笑ましい一コマ

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース10-0メッツ(4月21日・日本時間22日/ドジャースタジアム)

 ドジャースの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場。第2打席で日本人メジャー選手としては松井秀喜氏を超える通算176号となる今季5号2ランを放った。相手のライトが一歩も動かない、さらに打球を目で追うことすら拒否する驚愕の一発にスタジアムが沸いたが、恒例となったひまわりの種シャワーで祝福を受けた大谷が、直後にベンチ内で受けた思わぬイタズラに爆笑。イタズラの主が大谷以上に大爆笑する“頼れるアニキ”との微笑ましい一コマをカメラが捉えていた。

 8戦ぶりに飛び出した今季5号は、打球速度177キロでライトスタンドに突き刺さる飛距離128.9メートルの特大の一発。憧れの松井氏を超えるメモリアル弾はまさに大谷“らしい”豪快弾だった。

 右手人差し指を突き上げ、誇らしげにダイヤモンドを一周した大谷は、ベンチ前で恒例となったひまわりの種を全身で浴びた。これは同4日のジャイアンツ戦で大谷が今季1号を放った際に、31歳で陽気なドミニカンのテオスカー・ヘルナンデスが行って以来、祝福の恒例行事となっており、待望の1号が飛び出した際の様子についてヘルナンデスは「全員が祝っていた。彼以上にチームのみんなが喜んでいた」とコメントするなど、大谷との関係は良好そのもの。頼れるアニキ的存在のムードメーカーだ。

広告の後にも続きます

 この日も、例外なくベンチ前で大谷にひまわりの種を浴びせたヘルナンデスだったが、この日はこれで終わりではなかった。ベンチ内での祝福を受けた大谷と笑顔でハイタッチをかわした右手で大谷の頭をグシャグシャとして再び祝福。満面の笑顔を浮かべた大谷の顔面目掛けて、残りのひまわりの種をぶちまけた。思わぬイタズラ“追いひまわり”に驚いた大谷が咄嗟に顔をそむけると、そんな大谷の様子にヘルナンデスは大爆笑していた。

 昨季、アジア人では初となる本塁打王に輝くなど、大きな期待を受けて常勝軍団に移籍。しかし、開幕からしばらくはホームランが出ず自己ワーストを更新するなど、元通訳の違法賭博問題に関する報道も相まってプレッシャーに苦しんだ大谷。

 そんな大谷はこの試合でメモリアル弾を含む2安打2打点2得点と躍動。打率.368で両リーグトップの首位打者に浮上するなど、完全復調モード。大谷の先制弾によって勢いを取り戻し、連敗を3で止める快勝を収めるなど、輝きを取り戻したドジャース。一つ休みを挟んで、明後日からの大谷、ドジャースの快進撃に期待したい。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル