top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

1位は種牡馬としても大活躍中のキタサンブラック 天皇賞(春)の勝ち時計ベスト3

netkeiba.com

1位は種牡馬としても大活躍中のキタサンブラック 天皇賞(春)の勝ち時計ベスト3(C)netkeiba.com

 京都競馬場で4月28日(日)に行われる天皇賞(春)(4歳上・GI・芝3200m)。長い歴史を誇り古馬GIの最高峰とされる舞台で、これまで数々の名馬が勝者に名を刻んできた。本稿では同レースの開催にあたり、歴代勝ち時計をランキング形式で紹介する。

■1位 2017年 3分12秒5 勝ち馬:キタサンブラック

 前年覇者キタサンブラックと、有馬記念で同馬を破ったサトノダイヤモンドの対決に戦前は注目が集まった。ヤマカツライデンが1000m通過58.3秒、2000m通過119.7秒の速いペースで引っ張り、キタサンブラックは離れた2番手を追走。3コーナー過ぎで一気に前をとらえにいき、直線ではシュヴァルグラン、サトノダイヤモンドの追撃を1.1/4馬身差で封じ込めた。速いペース、速い馬場だったこともあり、それまでの時計を0.9秒塗り替える圧巻のレコード。11年ぶりに1番人気馬が勝利してジンクスを破り、史上4頭目の天皇賞(春)連覇を達成した。

■2位 2006年 3分13秒4 勝ち馬:ディープインパクト

 ディープインパクトの古馬GI初挑戦が注目を集め、単勝支持率は73.5%(オッズは1.1倍)で史上最高を記録した。同馬はスタートで遅れ後方2番手から運んだが、残り1000m付近から一気にスパート。ゆっくり下ることがセオリーとされる淀の急坂を加速しながら進み、3コーナー付近で先頭に立つ強気の競馬を展開した。それでも直線ではさらに後続を引き離して、マヤノトップガンのレコードを1秒更新する5馬身差の圧勝。2着リンカーンもそれまでのレコードを上回る時計で走っており、横山典弘騎手に「(リンカーンの)生まれた時代が悪すぎた」と言わしめた。

■3位 2012年 3分13秒8 勝ち馬:ビートブラック

 同年の注目馬は単勝1.3倍に支持された四冠馬オルフェーヴルで、ビートブラックは14番人気と伏兵に過ぎなかった。レースはゴールデンハインドが1000m通過60.0秒のミドルペースで運び、ビートブラックが直後2番手。オルフェーヴル以下は後方に控えたが、各馬はけん制したか、必要以上の縦長になった。異変を感じた後続が3コーナー過ぎで一気に詰めにかかったが、時すでに遅し。まんまと2番手からの押し切りで、単勝159倍Vの大波乱を巻き起こした。石橋脩騎手はこれがGI初制覇。大金星に喜びを爆発させ、何度もガッツポーズを見せた。

 今年の天皇賞(春)には昨年の菊花賞馬ドゥレッツァや、ダービー馬タスティエーラ、悲願のGI初制覇を狙うテーオーロイヤルなどが出走。春の古馬最強馬に輝くはどの馬か。発走は28日(日)の15時40分だ。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル