top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「デビュー日は絶望でした」 「ツバサ」ヒットから20年、アンダーグラフに聞く当時の秘話

Real Sound

アンダーグラフ(写真=ふくだりょうこ)

 2000年から活動を開始し、2004年にメジャーデビューしたアンダーグラフ。そのデビューシングル曲「ツバサ」は有線やラジオから火がつき、大ヒットした。

(参考:175R SHOGO、セブ島移住で日本人街プロデュース 現地での子育ての魅力も明かす

 とりわけサビの〈旅立つ空に 出会いと別れ/青春の日々 全てを描き〉といったまっすぐなフレーズは印象的で、いまでもそのメロディを聴けば自然と歌詞を口ずさむどころか、熱唱できてしまう、なんていう人も多いのではないだろうか。そんな「ツバサ」のリリースから20年。リリース時のエピソードや、その歩み、これからのことについて聞いた。(ふくだりょうこ)

『ツバサ』(full MV)/ アンダーグラフ
上京して1年でなにもなかったら帰るつもりだった
――改めてバンド結成の経緯を教えていただけますか。

真戸原直人(Vo/以下、真戸原):もともといたギターの阿佐(亮介)を含めた幼なじみ3人でバンドを組みたい、と話していたのが始まりでした。でも、住んでいたのが大阪の隅っこだったのでドラマーがなかなかいなくて。そんな中、スクールでちっちゃい女の子がドラム叩いてるで、って話を聞いて、その子(=谷口奈穂子)を呼んでみようかみたいな感じでした。その後、上京する少し前のタイミングで当時のベースが辞めることになって、そのスクールの店員だった中原が加入したんです。

広告の後にも続きます

中原一真(Ba/以下、中原):そのときのバンドメンバーがスタジオに練習に来てるのをずっと見ていたというか、受付していました(笑)。

真戸原:中原がベースをやっているということを谷口から聞いて、何人かオーディションしたんですけど、遅刻せずにベースを抱えて待っていたので、真面目な人なんだな、と。それで一緒にやり始めたのがアンダーグラフですね。中原が加入してすぐに上京する感じだったので、東京に行って何もなかったら1年で辞めて大阪に帰ろう、と。なんのコネクションもなかったので、とりあえずワンボックスカーに荷物を詰め込んで辿り着いたのが東京……と思ったら、埼玉の浦和だったっていう(笑)。そこで、(後輩バンドの)男11人ぐらいで共同生活していたので、バンド活動の下積みとしてはそこからが本当のスタートでしたね。

■「ツバサ」はみんなの心に届く曲

――インディーズからメジャーへはどのように進んで行かれたんですか。

真戸原:東京に出てきてから3年間ぐらいは、ありとあらゆる自分たちが知っている地名の場所でストリートライブをやっていました。人は集まるんですけど、ライブハウスには来てくれないんですよね。その中で、とある関係者に出会って、「ライブもいいけど、とりあえず曲作りをもっと頑張りなさい」と。ずっと曲作りを中心にしてはいたんですけど、さらに力を入れていきました。関係者を通じて、その音源を認めてもらえたので、デビューは決まったんですけど、それまでも、“デビュー詐欺”みたいなものがたくさんあって(笑)。結局上京してから4年ぐらいかかったかな。

中原:そうやね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル