top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

14歳年下夫とマッチングアプリ婚・新山千春、芸能人ならではのアプリ活用術「横顔チラリみたいな写真をプロフィール画像に」

ABEMA TIMES

 14歳年下のデザイナー男性とマッチングアプリを通じて知り合い再婚した新山千春が、芸能人ならではのアプリ活用術を語る一幕があった。

【映像】新山千春の14歳年下夫&娘の写真(複数カット)

 ABEMAにて4月21日(日)に放送された『ななにー 地下ABEMA』#22では、「令和の出会いはこれが当たり前! 最新マッチングアプリSP」と題した企画が展開。実は今のマッチングアプリは恋愛はもちろんのこと、恋愛以外の目的で使う方が増えているという。そこで、番組ではサービスの実態に迫った。

 番組には海外のマッチングアプリで14歳年下のデザイナー男性と出会い結婚した新山がVTR出演。2023年11月に再婚したが、2019年に友人の紹介でアプリを始めたそうだ。新山は「“アメリカのアプリがあるから”と。それなら日本人も少ないし身元もバレない」という理由でスタートに踏み切ったという。

 5〜6人の男性とアプリ上でやり取りをして、唯一会ったのが現在の夫なのだという。実は米国・サンフランシスコ在住だったが、新山は「たまたま今の旦那さんがサンフランシスコから帰国したタイミングで、私は渋谷にいて、旦那さんも渋谷にいて、近くでマッチングした」と奇跡の出会いを振り返った。

広告の後にも続きます

 女性が無料のアプリだったため、まったくお金をかけずにやり取りを進め、ロサンゼルスで初めて出会い、5年の交際期間を経て、結婚に至ったという。

 新山は「自分がタレントということは言いにくかったのもあったので、ちょっと横顔チラリみたいな写真をプロフィール画像にしていた」と芸能人ならではの苦労も明かしつつ、「夜は会わない。危険な時間は避けて、平日のランチとかで、さくっと気軽な感じで」と、これからアプリを始める人にアドバイスをしていた。

(ABEMA「ななにー 地下ABEMA」より)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル