top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

スピードワゴン井戸田、“世田谷ベース式”カスタムバイクを絶賛 「仕上がり綺麗だな~」

Real Sound

動画サムネイルより

 ハンバーグ師匠ことスピードワゴンの井戸田潤が展開するYouTubeチャンネルが2024年4月19日に更新され、この動画の中で、所ジョージの事務所兼秘密基地「世田谷ベース」の総務担当・雄一郎さんのカスタムバイクが紹介された。

参考:【写真】「仕上がり綺麗だな~」「かっこいい!」スピードワゴン井戸田が絶賛した“世田谷ベース式”カスタムバイク

 井戸田は賃貸契約のガレージを有し、そこに愛するバイクなどを置いている。YouTubeでは積極的にバイクに関する情報を発信していて、“バイク好き芸人”と聞くと、井戸田がピンとくる人も多いだろう。テレビ朝日系のバラエティ番組『アメトーーク!』で話題となったハーレー(ソープランドピンク号)を記憶しているファンも多数いるはずだ。一方、雄一郎さんは“趣味人レジェンド”である所ジョージの下で働いている。

 そんな雄一郎さんはHONDA「CB400 SuperFour VTEC SPEC2」をカスタムしたそうだ。雄一郎さんが「SuperFourというお手頃のバイクを、師匠のバイク(CB1100)を見て、“カッコいい!”と思って」とカスタムするに至った経緯について説明すると、井戸田は「えっ。私の後に改造したの?」と驚いていた。

 さらに雄一郎さんが「テーマはハンバーグ師匠と同じです。タンクを縮めてシリンダーヘッドカバーが見えるようにしたんです」と語ると、井戸田は「タンク切ってあるんだ!  仕上がり綺麗だな~。かっこいい! 小さくなってヘッドが出ているのが好きなんですよ」と絶賛した。

広告の後にも続きます

 さらに井戸田は「パッと見てもCBだと思うし、このカラーリングもよく見るカラーリングだから。でもよくよく見ると、全然違うというね」と、やり過ぎてないカスタム具合を褒めていた。また、バイクにはソープランドピンクステッカーが貼ってあり、これで富士スピードウェイも走ったそうだ。この事実を受け、井戸田は「うれしい。素晴らしい!」と笑顔を見せた。

 一時はソープランドピンク号が有名になり、周りの芸人たちもそのド派手さをいじりまくっていたが、井戸田が長年、バイクに関する情報を地道に伝え続けていたことで、雄一郎さんのように影響を受けて、井戸田に寄せたカスタムをする者も現れた。撮影スタッフも「珍しいですね、井戸田さんのバイクに憧れている人」と言っていたが、井戸田はそんな言葉もどこか嬉しそうだった。

 人気のCB400。雄一郎さんが井戸田に影響を受け、どんな風にカスタムを施したのかーー。詳細が気になる人は、ぜひ動画をチェックしてみよう。

(文=中山洋平)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル