top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

赤い稲妻、浦和の清家貴子が驚愕の10試合連続ゴールで国内単独トップに!WE通算得点「30」も歴代No.1に

超ワールドサッカー

三菱重工浦和レッズレディースのなでしこジャパンMF清家貴子が、さらに記録を更新した。

浦和は21日、2023-24WEリーグ第16節となるマイナビ仙台レディース戦を敵地で行い、3-0で勝利を収めた。

9試合連続得点中、この日も期待が掛かる清家は[4-2-3-1]の右サイドハーフで先発出場。2-0とリードして迎えた74分に見事結果を残した。

シンプルな浮き球パスを右サイド中盤で受けると、ワンタッチで田畑晴菜と入れ替わり、ボックス内へ独走。渾身の右足フィニッシュは相手に当たってコースが変わり、ゴールへ吸い込まれた。

これで自らの連続得点記録を「10」に更新。Jリーグでは元スペイン代表FWフリオ・サリナスが横浜マリノス時代にシーズンを跨いで8試合連続ゴールを記録。Jリーグ記録は2015年のJ3でレノファ山口FCの岸田和人が9試合連続ゴールを記録していたが、これで日本のトッププロリーグ史上単独トップとなった。

WEリーグ通算得点も「30」に。「29」で並んでいた菅澤優衣香を上回り、こちらも単独トップに躍り出ている。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル