top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

CL敗退を糧にラ・リーガ逆転優勝へ…首位レアル戦に集中のチャビ監督「今季最も重要な試合に」

超ワールドサッカー

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がエル・クラシコを逆転優勝の足がかりにしようとしている。スペイン『マルカ』が伝えた。

チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4入りを懸け、パリ・サンジェルマン(PSG)との準々決勝に臨んだものの、2ndレグでのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホの退場が響き、2戦合計4-6で散ったバルセロナ。CL敗退のショックが冷めやらぬ中、21日にはラ・リーガ第32節のレアル・マドリー戦に挑む。

現在リーグ2位のバルセロナは、首位マドリーを勝ち点差「8」で追っている状況。前日会見で意気込みを語ったチャビ監督は、ダービーマッチを制してその差を「5」に縮めるつもりだ。

「明日はラ・リーガ制覇に繋がるチャンスだ。今シーズン最も重要な試合になる。我々は強いマドリーを見ることになるだろうし、世界最高のチームである(マンチェスター・)シティを倒した後ならなおさらだ。充実ぶりは頂点に達しているし、非常に強いライバルだ」

「首位にプレッシャーをかけるために勝たなければならない。勝てば5ポイント差に縮まるし、それが我々の望むシナリオだ」

また、PSG戦の敗北が尾を引いたとも明かしたチャビ監督。CL敗退の無念を力に変えることで、マドリーに一泡吹かせようとしている。

「今日は良いトレーニングをしたが、昨日はチャンピオンズリーグの影響で二日酔いのような状態だった。しかしチームにはこのリーグを最後まで戦い抜くための熱意がある」

「チップを交換しなければならない。先日の怒り、フラストレーション、無力感を自分たちのために有効活用する必要がある。目の前には手強いレアル・マドリーがいるし、チャンピオンズリーグを経て彼らの士気は高まっている」

さらに、チャビ監督はホームのマドリーが積極的な入りを見せるとも予想。立ち上がりに細心の注意を払う構えだ。

「今日、我々はそのことについて話し合った。前後半の最初の数分はマドリーが押し込んでくるだろう。彼らはホームだ」

「我々は勇敢でなければならない。パーソナリティを発揮するには最高の舞台だ」

「試合に向けて良い準備ができたし、私は良いプレーをして勝てると思っている。最初の数分がカギになる。試合を落ち着かせ、ハイプレスをかけることだ」

5/1~いよいよベスト4!
CL、ELはWOWOWで放送・配信!
>放送予定など詳しくはこちら
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル