top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

2022年のクラスターCを制したオーロラテソーロが引退 種牡馬入り

netkeiba.com

2022年のクラスターCを制したオーロラテソーロが引退 種牡馬入り(C)netkeiba.com

 2022年クラスターCを制したオーロラテソーロ(牡7、美浦・畠山吉宏厩舎)が21日、競走馬登録を抹消した。今後は北海道新冠郡新冠町の村上欽哉牧場にて種牡馬となる予定。同日、JRAがホームページで発表した。

 オーロラテソーロは父Malibu Moon、母For Passion、その父Not for Loveという血統の米国産馬。2019年にデビューし、初ダートとなった5戦目の未勝利戦で勝ち上がると、以降はダートの短距離路線で使われた。22年にはオープン戦からの連勝で盛岡のクラスターCを制し重賞初制覇。今年の千葉S(9着)がラストランとなった。通算成績は39戦8勝(うち重賞1勝)。

(JRAのホームページより)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル