top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『ガンを発症しやすい犬種』5選 なりやすいといわれる理由や早期発見する方法まで

わんちゃんホンポ

なりやすい理由は?『ガンを発症しやすい犬種』5選

ガンは犬の三大死因と言われるほど多くの犬がなりやすい病気です。しかし、犬の中でも「ガンを発症しやすい犬種」がいることをご存知でしょうか。

1.ラブラドールレトリバー

ラブラドールレトリバーは、悪性リンパ腫というガンになりやすい傾向が見られます。全身に転移しやすく、予後が非常に悪いガンに分類されます。

なぜラブラドールレトリバーがガンになりやすいのか、その理由ははっきりと解明されていませんが、現段階では遺伝的な要因であると考えられています。

2.ゴールデンレトリバー

ガンになりやすい犬種の中でも、最もガンの発生率が高いという調査結果が出たのがゴールデンレトリバーです。犬全体の約2倍も発症率が高い結果となったため、ゴールデンレトリバーの飼い主さんは特に注意が必要でしょう。

やはりゴールデンレトリバーも遺伝的な要因が最も大きいと考えられています。中でも親や祖先でガンを発症している場合、その確率はさらに高くなる傾向にあるようです。愛犬の血統証明書を参考にしましょう。

3.フレンチブルドッグ

広告の後にも続きます

フレンチブルドッグは、犬の中でも比較的体が弱い犬種に分類されるため、ガンの発生率も上がりやすいと言われています。

フレンチブルドッグの場合、リンパ腫に加えて肥満細胞腫というガンの発生率が高くなっています。短頭犬種は遺伝的に肥満細胞種の発生率が高いため、日常的にシコリがないかチェックすることが大切です。

4.パグ

パグもフレンチブルドッグと同様に短頭犬種に分類されます。そのため、同様に肥満細胞種やリンパ腫の発症リスクが高い傾向にあります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル