top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

猫がよく見せる『手にまつわる仕草』4つ かわいかったり、ちょっと痛かったり…それぞれの意味も紹介

ねこちゃんホンポ

1.チョイチョイと触る

愛猫が近くに寄って来たな、と思っていたら、前足で「チョイチョイ」と触れられたことはありませんか。何ともかわいらしい仕草ですね。

この仕草をしているときの猫の顔を見ると、何か言いたそうにしているのだとか。猫がこの仕草をする時は、飼い主に対して要求があって、気を引こうとしていることが多いようです。

なお、ここでいう「要求」とは、「お腹がすいた」「遊んでほしい」「トイレを掃除してほしい」などです。愛猫が何を求めているのか、この仕草でスムーズに気づいてあげられるといいですね。

ただし、かわいいからといっておやつの要求に応え過ぎると、肥満になってしまうので気をつけましょう。

2.猫パンチをする

猫が繰り出す猫パンチも、またかわいいものです。怒っているわけでもなく、爪を立てずに猫パンチをしてくることもありますが、これは遊びに誘っている仕草といわれています。猫に誘われたら、ぜひおもちゃを使って遊んであげて下さいね。

広告の後にも続きます

撫でている時などに爪を立てずに猫パンチをしてきたら、猫が嫌がる部分を触ってしまったか、「もうやめてほしい」と思われている可能性も。その場合は、すぐに触るのをやめて、そっとしておいてあげましょう。

そのまま続けていると、怒らせて本気の猫パンチが飛んでくるかもしれません。

3.フミフミする

足踏みするように、前足を交互に動かす「フミフミ」と呼ばれる仕草は、見ていてとても癒されます。眠くなった時に、毛布などの柔らかいものに対してこの行動をすることが多いようです。

猫がフミフミをするのは、子猫時代の名残からといわれています。授乳の際、子猫は母猫の母乳がよく出るようにこの動きをしていたのです。フミフミをしている時は、母猫を思い出して甘えたい気持ちなのかも知れませんね。

猫と一緒に寝ていると、腕などでフミフミをされてしまうことがあります。飼い主としても至福のひとときなのですが、猫の爪が伸びているとちょっと痛いです。いつフミフミされてもいいように、爪は切っておいた方がよさそうですね。

4.グルーミング

きれい好きな猫は、こまめにグルーミングをしていますね。その中でも、前足を器用に使って行う「顔を洗う」仕草にはメロメロになってしまいます。前足を舐めて、それで口や目の周り、耳の後ろまでを拭って毛繕いする仕草です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル