top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

新日本プロレスVS全日本プロレス<仁義なき50年闘争史>「格闘技路線の一方で真逆のNWOの人気が爆発」

アサ芸プラス

 1997年の新日本プロレスは、オーナーのアントニオ猪木の介入によって小川直也という劇薬が投下されて、東京(2回)、ナゴヤ、大阪、福岡の日本縦断ドームツアーを成功させた。プロレス業界の盟主としての底力を見せたが、新日本人気は小川効果による格闘技路線だけでなく、真逆に位置する蝶野正洋率いるNWO効果も大きかった。

 新日本は95年秋からUWFインターナショナルとの対抗戦に突入。これに危機感を持ったのが天山広吉、ヒロ斎藤とヒール・ユニットの狼群団を結成していた蝶野だった。それまでの新日本は正規軍と狼群団、平成維震軍の3軍対抗が主軸だったが、Uインターとの対抗戦がメインになったために狼群団はメインストーリーから外れたのである。

 危機感を持った蝶野が注目したのは、アメリカWCWで人気を博していたNWOだ。NWOは96年7月、WWF(現WWE)からWCWに電撃移籍したハルク・ホーガンが同じくWWFのトップだったスコット・ホール、ケビン・ナッシュと結成したヒール・ユニット。

 反体制として「我々が新世界を創造する」と主張するNWOはベビーフェースとヒールを超越する人気を誇り、WCWはテレビ視聴率でWWFを上回るようになった。

 新日本の96年の全日程を終えた蝶野は、12月16日のフロリダ州ペンサコーラにおけるWCWのテレビ生中継「マンデー・ナイトロ」に出場。新日本のTシャツを破り捨ててNOW入りを宣言し、ホーガンと握手。年明け97年1月には、新日本との専属契約を拒んで1シリーズごとのフリー契約になり、新日本とWCWを股にかけてファイトする道を選択した。

広告の後にも続きます

 新日本との専属契約はテレビ朝日との契約も意味する。WCWの「マンデー・ナイトロ」にも出るために蝶野はフリー契約を選んだのだ。それだけNWOに本腰を入れていた。

 1月20日からWCWに参戦して「ファイティング・スピリット’97」第4戦の2月2日の後楽園ホールにNWOのスコット・ノートン、マーカス・バグウェルとともに帰国すると、NWOのTシャツを着て登場。NWOのメンバーの象徴・黒いサングラスを掛けて登場した蝶野に大歓声が上がった。

 蝶野は単にWCW内のNWOの一員メンバーになるというだけではなく、新日本を巻き込むムーブメントを起こす。狼群団の天山&ヒロを合流させてNWOジャパンを結成。WCWの本家NWOからNWOスティング、ブライアン・アダムス、マイケル・ウォールストリートらも呼び込んで一大勢力にした。

 そして8月からグレート・ムタがNWOムタとして合流。10月には素顔の武藤敬司もNWO入りした。

「俺がNWOに入ったのは、その時の自分にちょっと退屈していたのかもしれないし、40代半ばでオレンジのショートタイツも嫌だなあとかさ。NWOになって、いいチャンスだからパッとロングタイツに変えたよ」と武藤は笑う。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル