top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

町田ゼルビア「大番狂わせ」を生んだ黒田采配

アサ芸プラス

 クラブ史上初のJ1リーグに挑戦中の町田ゼルビアが猛威を振るっている。まさかの大番狂わせ連発にサポーターも大熱狂。ただ、うれしい悲鳴の裏では、なぜか「アンチ」も大量発生しているようで‥‥。

 東京・町田市を本拠地とする町田ゼルビアは、18年10月にABEMA関連事業で知られるサイバーエージェントが経営権を取得。そこからチームは大きく生まれ変わる。

 クラブハウスを完成させて環境を整えると、23年シーズンは、高校サッカー界の絶対王者・青森山田高校の黒田剛監督(53)を招聘。前年15位に沈んだチームを再生し、悲願のJ1昇格を果たした。

 開幕前は専門誌でサッカー解説者が「降格争い」を予想する中、第2節の名古屋グランパス戦から4連勝を飾るなど、次々と優勝候補を破って首位に浮上(4月12日時点)。

 ゼルビアの強さの秘密を、サッカージャーナリストの六川亨氏が解説する。

広告の後にも続きます

「スペインのバルセロナのような観客を魅了するスペクタクル(壮観)なサッカーとは真逆で、勝負師の黒田監督はリスクマネージメントを徹底しています。パスをつなぐことにこだわってミスをしても仕方ないので、ロングパスで相手の裏を取り、こぼれ球を拾って、シンプルに点を取る。やっていることは青森山田時代の延長で、全国高校サッカー選手権の一発勝負のトーナメントでも負けないような戦術をJ1でも実践し、白星を重ねています」

 勝てば官軍、負けて降格すればスポンサー離れは必至で、経営にも大きな影響を及ぼすことになる。

 もともとサッカーの盛んな街で知られる町田は、北澤豪(55)や太田宏介(36)など数々の日本代表選手を輩出。市民もチームの快進撃に沸いているが、一方で、アンチも急増していた。

 その理由は、スローインの際に長い距離を投げる「ロングスロー」だ。青森山田でも導入していた〝飛び道具〟で、ルール上の問題はないが、ゼルビアの選手が相手のゴール前にロングスローを放ると、ブーイングが起きることもあった。前出・六川氏はこう話す。

「ロングスローのたびに滑らないようにタオルで拭いて、時間を使いすぎることが批判されています。また、昔から〝空中戦〟は弱者の戦法のイメージが強く、卑怯だという偏見があるのかもしれません」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル