top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

企業が取り組む『猫のための福祉活動』協力することで、猫のためになる!

ねこちゃんホンポ

猫のための福祉活動とは?

猫の福祉活動とは、飼い主のいない猫の世話や保護活動のことを指します。

ボランティアや動物愛護団体が中心となり、不幸な境遇にある猫を保護したり、避妊去勢手術の支援などを行うことで、命を守り、適切に管理するさまざまな取り組みが行われています。

そしてこうした取り組みを、近年大企業などが率先して行うことが増えてきました。人員や資金、知名度やブランド力を持った企業が参入するため、より多くの猫の未来を守る期待ができるようになっているのです。

企業が取り組む『猫のための福祉活動』3つ

1.保護猫の譲渡会

ある企業では、保護猫たちが新しい家族を見つけるための譲渡会を開催・支援しています。

譲渡会を行う目的は、保護された猫たちが里親と出会い幸せな暮らしをスタートさせる機会を提供するため。譲渡会の運営や広報活動を通じて、猫たちの幸せな未来を応援しているのです。

広告の後にも続きます

譲渡会を実施している企業は非常に多く、ペット関連企業ではなくても積極的に譲渡会を行っている企業もあります。

2.保護団体への支援や募金

地域の保護団体に対して、資金や物資を提供している企業もあります。

具体的には保護猫たちへの食事の提供や医療ケア、シェルターの運営支援などの活動を行っていたり。保護団体が主催する譲渡会などのイベントでは、宣伝活動や開催費用の準備が必要不可欠ですが、そうした点で、企業からの支援は大きな力となります。

こうした企業からの支援により間接的に多くの猫たちが救助され、幸せな未来に向かうことができるのです。

また企業側も「商品売上の一部を保護猫団体に寄付する」などの取り組みを実施し、魅力的な商品販売を通じて福祉活動資金を獲得しています。

消費者である私たちにとっても、気軽に寄付ができる点がメリットといえるでしょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル