top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ウソだろ…!?激しすぎた行動が招いた悲劇 大谷の同僚アウトマン、1人で“ダブルアウト”になってしまうレアプレー

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース4ー6メッツ(4月20日・日本時間21日/ロサンゼルス)

 ドジャース大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場した試合で、同僚のアウトマンが1人で2つのアウトを食らってしまう“ダブルアウト”なレアプレーを生んでしまった。

【映像】アウトマン呆然…守備妨害を取られたプレー映像

 状況は7回。4-5と1点を追うドジャースは、先頭のアウトマンがセンター前ヒットで出塁し、同点への足がかりを作ったところだった。続くパヘスはカウント0-1からメッツのサード・ベイティーの真正面を突くゴロ。併殺コースの打球で、ベイティーは淀みなく二塁へ送球した。二塁でフォースアウトを取ったマクニールが、一塁へ送球しようとしたところ、一塁走者だったアウトマンはスライディングをしたものの、勢い余ってマクニールと軽く交錯。一塁送球は間に合わず、パヘスは一塁セーフで残ると思われた。

 ところが塁審の判定では、アウトマンのスライディングがマクニールの送球を妨害したとして、アウトマン本人だけでなく、打者走者のパヘスまでアウトの判定に。マクニールが送球した後に交錯したようにも見えたが、判定に対してチャレンジも入らず、アウトマンは1人で2つのアウトを生むことになってしまった。

広告の後にも続きます

 なんとも微妙なプレーだっただけに、アウトマン本人は直後に事態が掴めず二塁付近で憮然とした表情に。ファンからは「アウトマンでアウトーー」「危ねー」「どうした?」「スライディングが違反です!」「つっこみ過ぎたか」など、様々な声が飛び交っていた。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル