top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

吉井添「自己肯定感が本当に低くて」 モデル・アート・音楽……創作活動に目覚めたきっかけ

Real Sound

吉井添(写真=梁瀬玉実)

 2019年のモデルデビューから瞬く間に世間の注目を集め、数多のファッション誌やブランドのモデルを務めてきた吉井添。そんな彼のもう一つの顔が、イラストやデザインを手掛けるアーティストとしての一面だ。

(関連:【撮り下ろし写真】初の個展を開催した吉井添

 自身のオンラインコミュニティ『OBSCURE CHURCH』にて自作の絵をNFTで発売し、4月5日~7日にかけて自身初の個展『個添』を原宿にあるデザインフェスタギャラリーで開催。「七つの大罪」をコンセプトにしたオリジナル作品8点の展示をはじめ、自身のイラストや写真がデザインされたグッズ販売、私物の衣服を販売するフリーマーケットなどを行い、会期中は吉井の作品を一目見ようと多くの人々が集まったという。

 アートのルーツはどこにあるのかと本人に尋ねると、クリエイティブな家庭環境について「英才教育のようなもの」と笑いながら語る。彼の中にある創作の源泉や新たに挑戦しようとしている音楽活動に至るまで、謎に包まれた吉井添の世界について話を聞いた。(編集部)

■創作以外をやったら多分死んじゃう、みたいに思っていた

広告の後にも続きます

――吉井さんがアートや表現活動に目覚めたきっかけを教えてもらえますか?

吉井添(以下、吉井):クリエイティブな家庭環境で育ったので、創作に対する関心は子供の頃からずっと持っていました。物心がつく前から壁に絵を描いたりしていたみたいで、何か特定のものに影響を受けて始めたというわけではないのかなと。作ることが性に合っていたと言いますか、僕には創作することしかできないんだろうなと思うこともあります(笑)。絵はもちろん、音楽を作ってみたり、気がついたら創作がライフワークみたいになっていました。

――絵は習いに行っていたんですよね?

吉井:基礎的な部分からちゃんと描けるようになりたいと思って、中学3年間は美術の教室に通いました。そこから高校も美術系の学校に進学しましたね。

――子供の頃は単純に好きで描いていたと思うのですが、それを作品として世に出したいと思ったのはいつ頃ですか?

吉井:僕はもともとゲームのコンセプトアーティストになりたかったんです。ゲームに出てくるキャラクターやエリアのデザインを考えたりする仕事なんですけど、そういう専門学校に行こうかなと考え始めたタイミングで、今やっているような活動もどんどん楽しくなってきて。高校生だった当時、どうすれば創作活動がもっと楽しくなるんだろうと考えていて、それまでは趣味止まりというか、ただ楽しいから習って描くみたいな感じでしたが、どんどん“創作を仕事にする”という選択肢が現実味を帯びていったように思います。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル