top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

女子レスラーが“空中激突”→両者ダウンの衝撃シーン 激しすぎる肉弾戦に「ただの事故」「ピンボールみたいだ」王者は咳き込み悶絶

ABEMA TIMES

【WWE】SMACKDOWN(4月19日・日本時間20日/ペンシルバニア)

 女子レスラー同士の肉弾戦と呼ぶにふさわしいひと幕が米国のリングで繰り広げられた。激しくぶつかり合い、空中で体当たりが正面衝突する衝撃的な場面が反響を呼んでいる。

【映像】女子レスラー“空中衝突”の瞬間

 週に一度のレギュラー放送『SMACKDOWN』で、王者ベイリーとナオミのWWE女子王座戦が実現。『レッスルマニア』でイヨ・スカイから同王座を奪取したベイリーが、最初の防衛戦に指名した“盟友”ナオミとの拮抗したテクニック合戦は、思わぬ珍客の乱入に水を刺される形となった。

 ともにベテランの両者。序盤はテクニカルな攻防が続いたが、両者勢いよくロープに飛んでクロスボディで空中で交錯し、リング中央で両選手がダウン。ナオミは腹を押さえて動けず、ベイリーも咳き込み天を仰ぐ。

広告の後にも続きます

 スローリプレイではやや勢いで勝るナオミに分があるかに見えた体当たり対決だが、丸め込みなど技巧を競う展開から一転しての肉弾戦にファンから「ただの事故」「ピンボールみたいだ」という意見も。

 試合は元SMACKDOWN女子王者のナオミが、豊富な打撃技を武器にベイリーを追い込む展開。タイトル戦には友情を持ち込まず激しい攻防が続くが、場外での戦いに突然ノーマークだったティファニー・ストラットンが乱入しベイリーを襲撃。

 先週タイトル挑戦を表明しつつも王者ベイリーの塩対応で一蹴されたティファニーの“私怨介入”で好勝負はノーコンテストに終わった。

(ABEMA/WWE『SMACKDOWN』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル