top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

中学時代に笑われたトマトの発音「タメィロゥ」を商品名に 悔しかったので……

おたくま経済新聞

 英語を習い始めた中学生の頃に、頑張ってネイティブ風に発音してみたらからかわれた、という経験のある方は意外と多いのではないでしょうか。

 新潟県にあるフルーツトマト専門農家「曽我農園」の中の人もその一人。中学生の頃に英語の授業でトマトのことを「タメィロゥ」と発音したらまわりに笑われたそうなのですが……それが悔しく、取り扱うトマトに「タメィロゥ」という商品名をつけてしまいました。

【元の記事はこちら】

 「5月からタメィロゥの販売がはじまります」と、4月18日にSNSで告知した曽我農園さん。

 投稿された写真には「高濃度海水栽培 フルゥツタメィロゥ」「一箱税込3000円」などの販売情報に加え、商品名を「タメィロゥ」にしたエピソードも書かれています。これは見たら絶対に気になる……。

広告の後にも続きます

 実際のところ「タメィロゥ」に対する購入者の反応はどうなのでしょうか?曽我農園さんに話をうかがいました。

■ とっても美味しいと評判

――「タメィロゥ」は、何年ほど前から販売されている商品なのでしょうか?

 3年前から販売していて、販売時期はだいたい5月~6月です。

――「タメィロゥ」の特徴を教えてください。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル