top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

川口春奈“七苗”の29歳ならではの思いが「わかりみしかない」と共感呼ぶスタート<9ボーダー>

WEBザテレビジョン

川口春奈主演の金曜ドラマ「9ボーダー」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第1話が4月19日に15分拡大で放送。家のことも仕事のことも頑張ってきた七苗(川口)が明かした、切ない叫びともいえる思いに共感が集まった。(以下、ネタバレを含みます)

■“ボーダー世代3姉妹”の奮闘を描く

同ドラマは、「LOVE」「LIFE」「LIMIT」の“3L”をテーマに、19歳、29歳、39歳と、いわゆる大台を迎える前のラストイヤー=9ボーダー真っただ中の3姉妹が、モヤモヤや焦りを抱え、幸せになりたいともがきながら人生を前向きに進んでいく姿を完全オリジナルで描くヒューマンラブストーリー。

主人公の29歳の次女・大庭七苗(なな)を川口、39歳の長女・成澤六月(むつき)を木南晴夏、19歳の三女・大庭八海(はつみ)を畑芽育が演じる。

また、3姉妹の“3L”に大きく関わる人物として、物語のキーマンとなるコウタロウを松下洸平、六月が所長を務める会計事務所にやってくる自由奔放な新人公認会計士・松嶋朔を井之脇海、七苗と同い年で幼なじみの高木陽太を木戸大聖が扮(ふん)する。

■七苗の願いは「幸せになりたい」

第1話で描かれた七苗ら3姉妹の今。それぞれ9ボーダーとして、どうするかを口にした。

海外で出会ったフリーカメラマン・成澤邦夫(山中聡)との結婚を機に会計事務所を営んでいる六月。邦夫の浮気が原因で別居4年目だが、40歳までに結婚生活をやり直そうと考えていた。

夢も特になく、浪人生という名目で実家に居座っている状態の八海は、20歳までに進路をどうするか決めると宣言。

そして、七苗は母が父と離婚して出て行ったことで、幼いころから家を切り盛りしてきたしっかり者。勤めている飲食業のトータルプロデュースを手掛ける会社では、最年少でブランド戦略部の副部長に抜てきされたが、大好きだったクリエーティブな仕事から遠ざかってしまうことに悩みも。仕事に打ち込むあまり恋愛から遠ざかっており、9ボーダーとしての抱負は「幸せになりたいな」だった。

■「完全迷子」な七苗の思いに視聴者共感

そんな中、見栄から本当はいない彼氏の存在を匂わせてしまった七苗は、プロデュースした店の1周年パーティーで八海にバレそうになり、陽太が機転をきかせて七苗と自分が付き合っていると告げる展開になった。

その後、実家に戻ると、密かに陽太のことが好きな八海に彼氏を偽装したことを責め立てられた七苗。八海は、夫から離婚を切り出された六月のことを含め「おねぇたち、つっかえまくりの行き止まり。結婚できても、仕事ができても幸せそうじゃないし、何の希望もない」と言う。

そこから3姉妹で口げんかに発展した中、七苗は家のことも仕事も一生懸命頑張ってきたが、仕事だけじゃ寂しいと言われてしまったり、仕事ではよかれと思ったことがハラスメントだと言われたり、うまくいかなくなっていて「自分のやりたいこと、なんだっけってね。どうする? 29にして完全迷子ですよ。だからいいでしょ、ちょっとぐらい虚勢張ったって!本当は何もないんだから」と胸の内を明かした。

七苗は、陽太に「年重ねて自由にやれると思ったけど、どんどんやりたいことが遠くなる感じ」とも打ち明けていた。また、弾き語りしているところで出会い、何度か顔を合わせるようになったコウタロウには、「昔は29なんて立派に大人だと思ってた。なんでもできて、仕事も、恋愛も。もしかしたら結婚もしたりしてるかなって。なのに実際はなんにもない。自分が何をしたいか、どうなりたいかも分かんない」と語った。

この29歳の七苗の内なる思いに、「七苗の言葉わかりみが凄かった」「完全迷子わかりみが深い」「29なんて立派に大人だって思ってたってわかりみしかない」「共感しかなかった」「リアル29歳だからグサグサ刺さる」「感情移入する」といった声が寄せられた。

七苗だけでなく、六月や八海の言葉や状況に共感したという意見もあり、「LOVE」「LIFE」「LIMIT」に3姉妹がそれぞれどう向き合っていくのか、引き付けられるスタートとなった。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル